ESPEC Quality is more than a word

MENU

社外からの評価

ESG指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」構成銘柄に初選定

2022年4月、「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に初めて選定されました。グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。本インデックスは、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG指数として採用しており、ESG 投資のための代表的な指数のひとつです。

経産省「グローバルニッチトップ企業100選」を連続受賞

2020年6月、経済産業省の2020年版「グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」に選定されました。 「GNT企業100選」は2013年度に創設され、2度目となる2020年版では国際情勢が変化する厳しい経営環境の中でもニッチ分野で勝ち抜いている企業などが113社選ばれました。当社は環境試験器のトップメーカーとして2013年度に続いて受賞しました。

第24回環境コミュニケーション大賞「優良賞」を受賞

2021年2月、サステナビリティレポート2020が、環境省と一般財団法人 地球・人間環境フォーラム主催の「第24回環境コミュニケーション大賞」において、環境報告書部門「優良賞」を受賞しました。

サステナビリティレポート

環境コミュニケーション大賞

サステナビリティレポート2020

エスペックグループの温室効果ガス削減目標がSBT認定を取得

2023年7月、エスペックグループの2030年度温室効果ガス削減目標について、国際的なSBTイニシアチブより「SBT(Science Based Targets)」の認定を取得しました。
エスペックグループは、2030年度環境目標として温室効果ガス排出量 SCOPE 1+ 2(自社排出)で2019年度比60%削減、SCOPE 3(間接排出)で30%削減を設定しています。この目標が、パリ協定における世界の気温上昇を産業革命以前と比べて1.5℃に抑えるための科学的根拠に基づいた目標であると認定されました。

※パリ協定の目標達成に向け、企業に対して科学的な根拠に基づいた温室効果ガス排出量の削減目標の設定を推進している国際的なイニシアチブ。環境情報の開示に関するNGOであるCDP、UNGC(国連グローバル・コンパクト)、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)が共同で運営。

「CDP気候変動レポート2022」において3年連続「Bスコア」に認定

2022年12月、国際的な非営利団体CDPが公表した「CDP気候変動レポート2022」において、8段階中、上位から3番目の「Bスコア」に認定されました。2022年度は世界の時価総額の約半分に相当する18,700社以上の企業を対象に、気候変動に対する取り組みが8段階(A、A-、B、B-、C、C-、D、D-)で評価されました。当社は初めて自主回答した2020年度から3年連続で「Bスコア」となりました。

CDP「サプライヤーエンゲージメント評価」において
最高評価の「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に初選定

2023年3月、国際的な非営利団体CDPが公表した2022年度の「サプライヤーエンゲージメント評価」において、最高評価の「Aスコア」となり、「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に初めて選定されました。
2022年度は、CDP気候変動質問書に回答した企業のうち、上位8%(全世界653社、うち日本企業131社)が「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー」に選定されました。

※企業や都市の気候変動、水資源保護、森林保全などの環境問題対策に関する取り組みを調査し、投資家向けに情報開示を行っている国際非営利団体(NGO)

「アジア太平洋地域気候変動リーダー企業」に初選定

2023年5月、英フィナンシャル・タイムズと独調査会社スタティスタが共同で実施した「アジア太平洋地域気候変動リーダー企業」調査において、上位企業275社(うち日本企業130社)に初めて選定されました。
「アジア太平洋地域気候変動リーダー企業」調査は、アジア太平洋地域に本社を置く企業を対象に、2016年から2021年における売上高当たりのSCOPE 1・2の温室効果ガス排出量削減率などを評価し、上位企業を選定するものです。

「第4回日経SDGs経営調査」で4つ星に認定

2022年11月、日本経済新聞社主催「第4回日経SDGs経営調査」の総合ランキングにおいて4つ星(偏差値60以上65未満)に認定されました。
「日経SDGs経営調査」は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への企業の取り組みを格付け評価するもので、「SDGs戦略・経済価値」「社会価値」「環境価値」「ガバナンス」の4つの分野における総合得点で評価が行われました。

「第6回 日経スマートワーク経営調査」で3.5星に認定

2022年11月、「第6回 日経スマートワーク経営調査」で3.5星に認定されました。「日経スマートワーク経営調査」は、日本経済新聞社が全国の上場企業と有力非上場企業を対象に、働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を5段階で評価し、選定しているものです。

日本経済新聞社「脱炭素経営ランキング GX500」で122位に評価

2022年11月、日本経済新聞社主催「脱炭素経営ランキング GX500」において、122位(格付けBB)に評価されました。「脱炭素経営ランキング GX500」は、企業の脱炭素の取り組みを総合的に評価し、GX(グリーントランスフォーメーション)時代の優力企業500社を選出してランク付けするものです。

日刊工業新聞社「第18回企業力ランキング」で155位

2022年10月、日刊工業新聞社主催「第18回企業力ランキング」(経済産業省後援)において155位に評価されました。「企業力ランキング」は、アンケートによる定性評価と業績に基づく定量評価から企業を総合的に評価し、産業界の模範となる「真に力のある企業」を選出しているものです。

ホームページに関する受賞

  • 弊社サイトは日興アイ・アール株式会社の「2022年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング」にて総合ランキング最優秀企業に選ばれました。
  • Gomez / IRサイト総合ランキング銅賞(2022年)
  • Gomez / ESGサイトランキング優秀企業(2023年)

その他の社外評価