ESPEC Quality is more than a word

MENU

化学物質管理

SDGsとの関連

化学物質管理

基本的な考え方

私たちは製品設計にあたり、使用制限物質を指定し有害物質の使用を削減してきました。また、事業活動で使用する有害物質の管理やグリーン調達によって、環境の汚染防止に努めています。

EU-RoHS指令

EU-RoHS指令における6品目の有害物質については2013年から順次自主的にEU-RoHS対応製品の提供を行っています。さらに、2021年7月からはEU-RoHS指令における10品目への規制が強化されるため、その対応に向けて取り組んでいます。
また、水銀に関する条約への対応では、製品に使用している該当部品を2020年度中に全廃するよう技術開発を進めています。

PRTR法(化学物質排出移動量届出制度)への対応

エスペックでは、数百種類の危険有害化学物質を使用しています(当社基準に基づく選定)。これらに対し、SDSの配備、使用・保管に関する手順書の整備、より安全性の高い物質への置き換えの促進など、適正な管理を実施しています。2019年度は従業員の安全や環境負荷を考慮し、PRTR対象物質「1-ブロモプロパン」の使用を全廃しました。これにより、PRTRの年間取扱量は1t未満となり行政への届出対象外となりました。

※化学物質等安全データシート(Safety Date Sheet)。化学物質の安全な使用・取り扱いをするために必要な情報を記載した資料。

■2019年度 PRTR実績

集計範囲:エスペック株式会社、エスペックテストシステム株式会社、エスペック九州株式会社、エスペックミック株式会社

左右にスクロールしてご覧ください。

(単位:kg)

  第1種指定化学物質の名称 キシレン シアナ
ジン
アセフェート 1.2.4-トリメチル
ベンゼン
トルエン 1-ブロモプロパン ノルマルヘキサン
  第1種指定化学物質の号番号 80 91 212 296 300 384 392
  年間取扱量 4.0 2.7 4.2 5.1 22.9 559.4 9.4
製品への含有分(自主測定項目) - - - - - - -
リサイクル分(売却分)(自主測定項目) - - - - - - -
排出量 イ)大気への年間排出量 4.0 - - 5.1 22.9 559.4 9.4
ロ)公共用水域への年間排出量 - - - - - - -
ハ)当該事業所における土壌への排出
ニ)以外
- 2.7 4.2 - - - -
ニ)当該事業所における埋立処分 - - - - - - -
移動量 イ)下水道への移動 - - - - - - -
ロ)当該事業所の外への移動 イ)以外 - - - - - - -

アスベスト対応

過去の製品において断熱材やパッキンの一部にアスベスト含有部材を使用していた時期があります。2006年6月末までにすべての製品においてアスベスト含有部材の使用を取り止めています。
従来から製品をご利用いただいているお客さまに対しては、製品のアスベストに関する情報を、ホームページや個別対応にて積極的に情報公開しています。

アスベストに関するエスペックグループの対応について