ESPEC Quality is more than a word

MENU

社会貢献

SDGsとの関連

社会とのコミュニケーション

宇都宮市の環境教育に協力

2019年7月、宇都宮テクノコンプレックス(栃木県宇都宮市)において、宇都宮市が環境教育の一環として開催した「環境にやさしい工場見学」の受け入れを行いました。親子25組が参加し、事業所見学のほか、ペットボトルキャップを再利用した工作などを行いました。

第21回公益信託「エスペック地球環境研究・技術基金」授与式 事業所見学
(宇都宮テクノコンプレックス)

環境フェスティバルの開催

宇都宮テクノコンプレックスでは、地域における環境啓発を目的に、毎年環境フェスティバルを実施しており、地域の桜まつりの第2会場として開催しています。 2019年度は牛乳パックを用いた紙すきでのはがき作り体験などを行い、地元の小学生をはじめとする地域のみなさまに環境について楽しみながら学んでいただきました。

エスペックミックで自然環境の大切さを体験学習

エスペックミックでは、2001年より郷土学習訪問を受け入れています。植樹祭への参加や、植生調査、植物工場での野菜栽培といった実際の業務を体験していただくことで、自然環境保全の大切さを学んでいただいています。2019年度は、大学や高等学校の学生、計12名の体験学習を受け入れました。

郷土体験学習 郷土体験学習

「高校生のためのフューチャーフォーラム」への参加

2019年7月、西舞鶴高等学校において京都府・京都経営者協会主催の京都のリケジョ応援プログラム「高校生のためのフューチャーフォーラム」が開催され、当社の女性社員2名が講師として参加しました。本プログラムは、女子高校生がロールモデルとなる大学生や先端技術に取り組む企業で働く女性研究者・技術者との交流を通じて、具体的な未来像を描いてもらうことを目的としています。

高校生のためのフューチャーフォーラム 高校生のための
フューチャーフォーラム

従業員参加型の寄付制度「エスペックスマイルクラブ」の設置

2020年12月、SDGs推進活動の一環として、従業員の寄付金に会社が寄付金を上乗せするマッチングギフト制度「エスペックスマイルクラブ」を新たに設置しました。本クラブでは、趣旨に賛同する従業員が会員となって毎月100円を寄付金として積み立て、これに会社が寄付金を上乗せして、子供と医療関係の社会貢献活動を行う団体に寄付します。

※企業が社会貢献を目的として寄付や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が一定額、または一定比率の金額を上乗せし寄付金を拠出する仕組み

エスペックスマイルクラブ
ロゴマーク

災害義援金の寄付

2019年10月に発生した台風19号、および2020年7月の豪雨で被災された方々の支援と被災地の復興に役立てていただくため、日本赤十字社を通じ、被災地に対してそれぞれ50万円の災害義援金を寄付しました。

「兵庫県立大学外国人留学生支援事業」への寄付

経済的に厳しい環境下にある外国人留学生を支援するため、企業版ふるさと納税制度を活用し「兵庫県立大学外国人留学生支援事業」に対して100万円の寄付を行いました。寄付金は、兵庫県立大学国際商経学部 グローバルビジネスコースに入学する外国人留学生が日本で生活するために必要な費用(教科書やパソコンの購入など)として役立てられます。