ESPEC Quality is more than a word

MENU

トップメッセージ

写真:代表取締役社長 石田 雅昭

代表取締役社長 石田 雅昭

当社は、創業当初より科学技術の発展に貢献したいという大きな志を持ちながら「モノづくり」に取り組んでまいりました。現在では「環境創造技術」を核とした高付加価値の製品やサービスを創出することで持続可能な社会の実現に貢献する企業でありたいと考えています。
世界は今、地球温暖化による気候変動、資源不足や食料危機などに直面しており、各企業が解決に向けた取り組みを始めています。このような中、社会を豊かに安全にするための技術革新があらゆる産業分野で起こっています。そこには必ず新しい技術課題が発生しており、当社は「環境創造技術」でその技術課題の解決に貢献していくことで未来に向かって成長し続けようと考えています。
当社は長期ビジョンESPEC Vision 2025を具現化する中期経営計画「プログレッシブプラン2021」において、自動車関連市場およびIoT関連市場を成長分野と位置づけ、既存事業のさらなる拡大と新規事業の創出に取り組んでいます。そして、当社の持続的な成長と質の向上を目指した積極的な投資を行っています。今年5月にはイノベーションと生物多様性保全の推進をコンセプトとした新技術開発棟の建設に着工しました。また、環境試験事業の拡大に向けて主力製品「恒温恒湿室」の生産エリアを増設し、受託試験事業においても試験所の機能拡充を行いました。グローバル化の推進においてはASEAN地域のサービス拡充に向けたベトナム法人の設立など成長し続ける基盤づくりを進めています。
現代のようなVUCA(変動性/不確実性/複雑性/曖昧性)と呼ばれる予測不可能な社会に対応するためには、明確なビジョンを共有し、新しいことに挑戦していく柔軟な考えを持つ人材が必要と考えています。当社の存在意義や社会に提供する価値について理解を深める研修会や将来の幹部候補を育てる制度の実施など人材育成に注力しています。当社はやる気と能力のある女性社員の活躍を積極的に推進しており、その取り組みが評価され大阪府より「男女いきいき優秀賞」を受賞しました。
これからも、当社はさまざまなステークホルダーと積極的に対話を重ね、サステナブルでより良い社会の実現に向け、リーダーシップを発揮してまいります。