HOME > 企業情報TOP > 研究開発・技術

文字サイズ
SML

印刷

研究開発・技術

新たな「可能性」をテーマに

写真:新たな「可能性」をテーマに

革新的技術が信頼性を獲得するためには、新しい信頼性試験が必要とされます。革新的製品を評価するには、新しい試験方法や検査方法が適用されます。エスペックはこうした新しい技術に対応する試験方法、装置・システムを「改革的技術開発」と「創造的新製品」によるソリューションというカタチで提案しています。

例えば、自動車の自動運転技術やモノのインターネット(IoT)の分野でも信頼性の確保は重要な技術課題の一つです。当社はHALTなどの新しい試験技術の研究において、大学や企業との共同開発に参加し、試験方法の開発に取り組んでいます。さらに、自動車やエレクトロニクス分野の環境試験規格の国際規格化活動に参画し、国や工業会と連携し国際標準化を進めています。このような産官学連携による共同研究など、エスペックの研究開発の取り組み方はテーマによりさまざまです。お客さまの仕事を理解し、問題を共有し、解決策を提案していくこともエスペックの研究開発の特徴です。また、環境問題が拡大するなか、当社は製品開発において省エネ化に加え、地球温暖化係数の小さいフロンを用いた冷凍技術など環境に考慮した製品の開発を進めています。

さらに、信頼性技術の専門情報サイト「Test Navi」を設け、お客さまの実務に役立つ情報をタイムリーにお届けしています。現在「Test Navi」会員登録者数は16,000人に達しました。エスペックの研究開発、製品開発は常に新しい分野において進取的に取り組み、未来を切り開いていきます。

神戸R&Dセンター

写真:神戸R&Dセンター(1)

写真:神戸R&Dセンター(2)

写真:神戸R&Dセンター(3)

エスペックの研究開発の拠点として、技術開発と新製品開発を行っています。敷地内にあるビオトープでは、神戸市本来の自然生態系が形づくられており、近隣の子どもたちが環境保全について学ぶ場としても活用されています。

このほか、事業所屋上に太陽電池パネルを設置するなど、省エネルギーへの取り組みが評価され、環境に配慮した事業所として表彰を受けています。また神戸試験所を併設し、受託試験のサービスも行っています。

操業:2001年 総面積:31,911m²

神戸R&Dセンター アクセスマップ別ウィンドウで開きます
〒651-1514
兵庫県神戸市北区鹿の子台南町5-2-5
TEL:078-951-0960
FAX:078-951-0967