HOME > 製品・サービスTOP > サービス > 校正証明 > 温度・湿度標準供給

文字サイズ
SML

印刷

温度・湿度標準供給

JCSSにもとづく温度計・湿度計の校正

ilac-MRA/IAJapan/JCSS

JCSS認定証(PDF2.2MB)

エスペックはJCSSの登録事業者として、温度計・湿度計を校正しています。温度・湿度の校正技術の確かさ、管理レベルの確実さ、校正作業員の技術の高さなどが認められた校正機関として、お客さまの温度・湿度測定器の国際的なトレースの確立をお手伝いします。右のマークは、計量法校正事業者登録制度(JCSS)の登録事業者のうち、国際MRAに対応した認定を受けている事業者を示す認定シンボルです。「0101」はエスペックの登録番号です。

平成13年10月23日  湿度のJCSS認定事業者として日本初の認定
平成16年 8月13日  温度のJCSS認定事業者として認定
  • JCSS標章付き校正証明書を発行
    JCSSのロゴが入った証明書を持つ計測器(JCSS校正を受けた計測器)を標準器とし下位の標準器や一般の計測器を比較法等による値付けを行い、トレーサビリティ体系を作ることでISO9001をはじめとする品質規格の要求する国家標準につながるトレーサビリティ体制を比較的容易に構築することが可能となります。JCSS校正を受けた計測器を使用すれば、わずらわしいトレースのコスト・時間を改善できます。
  • ILAC-MRAマーク付き証明書の発行
    海外との取引において各国の適合性評価の重要度はさらに高まりつつあります。
    JCSSの国際相互承認プログラム(MRA)は国外でも証明書が有効となり、海外との取引を円滑に進めることが可能となります。
    さらに、国家計量標準にトレーサブルであることの証明にとどまらずお客さまの技術能力や品質システムの信頼性をも保証すると考えられます。

計量法校正事業者登録制度(JCSS)

計量法校正事業者登録制度とは、JCSS(Japan Calibration Service System)とも呼ばれ、計量器の校正を行う事業者の校正能力を、計量法の規定に基づいて登録する制度です。
校正事業者の登録のための審査は、独立行政法人製品評価技術基盤機構が行います。具体的な校正システムは、JIS Q 17025(ISO/IEC 17025)の要求事項に適合しているかどうかで判断されます。ISO9000や14000と大きく異なる点は、システムの審査だけでなく、技術的な能力の審査(技能審査)が行われることです。
登録事業者は、標章(ロゴマーク)付きの校正証明書を発行できます。この証明書により校正の信頼性や不確かさが公的に保証されます。したがって、各種の湿度計による測定値の不一致があった場合など、ロゴマーク付きの湿度計を基準にすれば、明確な判断を下せることと期待されます。また、ISO9000等で要求される品質システムの維持にも役立つものと思われます。

認定機関のホームページ
独立行政法人 製品評価技術基盤機構

温度・湿度校正範囲

温度
登録に係る区分:温度
法律に基づく初回認定年月日又は初回登録年月日:平成16年8月13日
国際MRA対応初回認定年月日:平成16年8月13日
校正手法の区分の呼称[登録更新(再認定)年月日]:接触式温度計[令和元年6月27日]
恒久的施設で行う校正/現地校正の別:恒久的施設で行う校正
校正手法の
区分の呼称
種類 校正範囲 校正測定能力
(信頼の水準約95 %)
接触式温度計 指示計器付温度計
(温度計:白金抵抗温度計、
サーミスタ測温体)
(比較校正法)
-80 ℃ 以上 150 ℃ 以下 0.15 ℃
150 ℃ 超 200 ℃ 以下 0.24 ℃
200 ℃ 超 250 ℃ 以下 0.63 ℃
250 ℃ 超 300 ℃ 以下 0.66 ℃
指示計器付温度計
(温度計:熱電対[T 型及びK 型] )
(比較校正法)
-80 ℃ 以上 150 ℃ 以下 0.29 ℃
150 ℃ 超 200 ℃ 以下 0.34 ℃
200 ℃ 超 250 ℃ 以下 0.68 ℃
250 ℃ 超 300 ℃ 以下 0.70 ℃
熱電対(T 型)
(比較校正法)
-80 ℃ 以上 150 ℃ 以下 0.21 ℃
150 ℃ 超 200 ℃ 以下 0.29 ℃
200 ℃ 超 250 ℃ 以下 0.65 ℃
熱電対(K 型)
(比較校正法)
-80 ℃ 以上 150 ℃ 以下 0.25 ℃
150 ℃ 超 200 ℃ 以下 0.31 ℃
200 ℃ 超 250 ℃ 以下 0.66 ℃
250 ℃ 超 300 ℃ 以下 0.69 ℃
湿度
登録に係る区分:湿度
法律に基づく初回認定年月日又は初回登録年月日:平成13年10月23日
国際MRA対応初回認定年月日:平成13年10月23日
校正手法の区分の呼称[登録更新(再認定)年月日]:湿度測定器等[令和元年6月27日]
恒久的施設で行う校正/現地校正の別:恒久的施設で行う校正
校正手法の
区分の呼称
種類 校正範囲 校正測定能力
(信頼の水準約95 %)
湿度測定器等 光学式露点計 霜点 -30 ℃ 以上 -20 ℃ 未満 霜点 0.23 ℃
霜点 -20 ℃ 以上 -10 ℃ 以下 霜点 0.15 ℃
露点 -10 ℃ 以上 10 ℃ 未満 露点 0.15 ℃
露点 10 ℃ 以上 30 ℃ 以下 露点 0.11 ℃
露点 30 ℃ 超 40 ℃ 以下 露点 0.12 ℃
露点 40 ℃ 超 50 ℃ 以下 露点 0.18 ℃
校正温度
20 ℃ 以上 25 ℃ 以下
において
相対湿度
5 % 以上 45 % 以下
相対湿度 0.6 %
相対湿度
45 % 超 70 % 以下
相対湿度 0.9 %
相対湿度
70 % 超 95 % 以下
相対湿度 1.2 %
電子式湿度計

校正範囲詳細(PDF)
校正温度
5 ℃ 以上 10 ℃ 未満
において
相対湿度
5 % 以上 20 % 以下
相対湿度 1.3 %
相対湿度
20 % 超 60 % 以下
相対湿度 2.1 %
相対湿度
60 % 超 95 % 以下
相対湿度 2.9 %
校正温度
10 ℃ 以上 20 ℃ 未満
において
相対湿度
5 % 以上 25 % 以下
相対湿度 1.3 %
相対湿度
25 % 超 65 % 以下
相対湿度 1.8 %
相対湿度
65 % 超 95 % 以下
相対湿度 2.3 %
校正温度
20 ℃ 以上 30 ℃ 以下
において
相対湿度
5 % 以上 30 % 以下
相対湿度 1.2 %
相対湿度
30 % 超 70 % 以下
相対湿度 1.4 %
相対湿度
70 % 超 95 % 以下
相対湿度 1.6 %
校正温度
30 ℃ 超 40 ℃ 以下
において
相対湿度
5 % 以上 40 % 以下
相対湿度 1.3 %
相対湿度
40 % 超 75 % 以下
相対湿度 1.6 %
相対湿度
75 % 超 95 % 以下
相対湿度 1.8 %
校正温度
40 ℃ 超 50 ℃ 以下
において
相対湿度
5 % 以上 24 % 以下
相対湿度 1.3 %
相対湿度
24 % 超 65 % 以下
相対湿度 1.9 %
相対湿度
65 % 超 95 % 以下
相対湿度 2.5 %
校正温度
50 ℃ 超 60 ℃ 以下
において
相対湿度
5 % 以上 15 % 以下
相対湿度 1.2 %
相対湿度
15 % 超 50 % 以下
相対湿度 1.9 %
相対湿度
50 % 超 95 % 以下
ただし、露点 50 ℃ 以下
相当の相対湿度
相対湿度 2.5 %
さらに幅広い範囲で温度計・湿度計の校正(一般校正)
一般校正であれば、さらに広い温度範囲、湿度(露点)範囲で温度計・湿度計を校正させていただきます。
JCSSのロゴは付きませんが、国家標準とトレーサブルな体系に従い校正を実施させていただき成績書・証明書を提出させていただくことで、お客さまの社の温度計・湿度計の校正管理をお手伝いします。
区分 計測器名 校正範囲
温度 指示計器付温度計 温度 -80 ℃~700 ℃
熱電対 T型 温度 -80 ℃~200 ℃
K型・N型 温度 0 ℃、50 ℃~700 ℃
測温抵抗体(Pt100) 温度 -80 ℃~500 ℃
湿度 露点計 霜点 -30 ℃~-10 ℃、露点 -10 ℃~85 ℃
電子式湿度計(湿度センサ) 温度 5 ℃~90 ℃において 相対湿度 5 %~95 %
(ただし、露点85 ℃以下相当の相対湿度)

見積のご依頼

見積りのご依頼はこちらからお問い合わせください。

お電話・FAXでのお問い合わせは
こちらをご覧ください。