HOME > CSR活動TOP > 社会性パフォーマンス > 株主・投資家さまとのかかわり

文字サイズ
SML

印刷

株主・投資家さまとのかかわり

基本方針「IRポリシー」

エスペックは、「良き社会の一員」として、エスペックのあらゆるステークホルダー(利害関係者)とのより良い関係の構築(価値交換性の向上)や社会的責任を果たすことを企業理念として掲げています。

株主・投資家さまとのコミュニケーションをより良好に行うためのIR活動におきましても、その理念を踏まえ、「IRポリシー」として明文化し、活動の規範として周知徹底を図っています。

ページトップ

株主・投資家さまとのコミュニケーション

情報開示の方針・体制

会社法、金融商品取引法等関係法令、証券取引所の定める適時開示規則等に従い、情報開示を行っています。また、同規則に該当しない情報についても、当社を理解していただくうえで役立つ情報は、積極的かつ公平に開示していきます。

社内体制としては、開示情報を審議する機関として、情報開示委員会を設置しています。また、情報開示を行う者を限定することで情報の一元化に努めるとともに、ホームページの活用などにより、公平かつ迅速な情報開示を行っています。

開かれた株主総会の実現に向けて

株主総会を株主さまと直接対話のできる貴重な機会であると考え、より多くの株主さまにご参加いただけるよう、集中日を避けて開催しています。2017年6月23日に第64回定時株主総会を開催し、118名の株主さまにご出席いただきました。総会終了後には、株主さまと役員が気軽に交流する場を設けました。

写真:決算説明会決算説明会

機関投資家・証券アナリスト向け会社説明会

機関投資家・証券アナリストの方を対象とした決算説明会を実施しています。説明会には社長と取締役が出席し、業績や戦略などについて説明しています。

また、個別ミーティングについても東京・大阪を中心に随時行っており、2016年度は約90回実施しました。

写真:会社説明会会社説明会

東証IRフェスタへの出展

2017年2月に東京国際フォーラムで開催された東証IRフェスタに出展しました。本イベントには2014年から参加しており3回目の出展となります。今回は「エスペックが成長する理由」と題して、世の中のトレンドに合致している当社の事業内容や企業力、社会性の高さなどについて紹介しました。社長による会社説明会のほかブース内説明会をくり返し行い、2日間で1,400名以上の方々にお越しいただきました。今後も個人投資家のみなさまと情報交換をさせていただく機会を積極的に設けてまいります。

ラジオNIKKEI「アサザイ」に出演

2017年2月、ラジオNIKKEIの個人投資家向け番組「アサザイ」に出演し、社長より当社の事業内容や強みを紹介しました。

IRツールの充実

写真:第63期 株主通信第63期 株主通信

● 株主通信

年2回発行している株主通信では、CSR活動など当社のさまざまな取り組みを紹介しています。2016年度は当社事業についてよりご理解を深めていただくため、特集記事として海外グループ会社や製品の納入事例を掲載しました。

写真:英文ホームページIRサイト英文ホームページIRサイト

● ホームページ(IRサイト)

2016年4月に英文ホームページのリニューアルを行いました。IRサイトでは、財務・業績データを追加するなど投資家のみなさまに有用な情報の発信に努めています。

ロゴ:日興アイ・アール総合ランキング

ロゴ:Nikko Investor Relations Co.,Ltd. Ranking in all listed companies in Japan

IRサイトに対する社外評価

当社のIRサイトは、日興アイ・アール社が主催する「2016年度全上場企業ホームページ充実度ランキング調査」において、2年連続で最優秀サイト(総合ランキング)に認定されるなど、社外より高い評価をいただいています。

ページトップ

経営へのフィードバック

株主・投資家さまアンケート

当社は、会社説明会などにおいて投資家さまからご意見をいただくほか、株主通信の送付時に株主さまを対象としたアンケートを実施し、株主さまからいただいたご意見などを中間株主通信で報告しています。2016年度は、1,990名の株主さまからご回答をいただきました。

市場評価のフィードバック

会社説明会や株主通信送付時に行ったアンケートの分析結果、および個別ミーティングで伺ったご意見などをレポートにまとめ、取締役会で随時報告を行っています。市場の評価を社内にフィードバックすることで、課題を浮き彫りにし、今後のIR活動や経営の質の向上に努めています。

ページトップ

株主さまへの還元

株主さまへの還元

当社は、株主のみなさまへの利益還元を経営の重要課題の一つと認識するとともに、永続的な企業価値の向上が株主価値向上の基本であるとし、継続性と配当性向を勘案して配当を決定することを基本方針としています。2016年度の年間配当金は1株当たり36円とさせていただきました。

■1株当たり配当金

グラフ:1株当たり配当金