HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 環境試験器 > 特殊品 > 多軸振動複合環境試験装置

文字サイズ
SML

印刷

多軸振動複合環境試験装置

カスタム品

エレクトロニクス化が進む自動車には、多くのセンサーが搭載されています。一方、自動車機能安全規格「ISO26262」、基本安全規格「IEC61508」を代表とする機能安全への取り組みが必要とされ、車載機器の高信頼性の要求により複合環境試験が必須となっています。

温湿度・振動(垂直/水平同時)の複合環境試験装置
X/Y/Z 軸同時振動タイプで、より実環境に近い振動環境を創造

「多軸振動 複合環境試験装置」は、恒温恒湿器と多軸振動試験装置を組み合わせた複合環境試験器です。当装置では、振動機にX/Y/Z 軸同時振動が可能な多軸振動試験機を用いているため、振動軸の切替(X/Y/Z 軸の切替)に伴う供試品の付け替えが不要なことや、供試品が実際に使われている環境に近い振動環境を再現できるなど、大きなメリットを有しています。このようなメリットを持つ当装置は、各種自動車部品やカーエレクトロニクス製品・部品などの複合環境試験に、最適な試験装置となっています。

振動軸の切替が不要で試験効率アップ
垂直(Z 軸)と水平(X/Y 軸)振動を別々のテーブルで行う振動機では、垂直振動試験のあと水平試験を行う場合、振動発生機からの動力伝達をZ 軸からX/Y 軸へ切替える必要があり、また同時に供試品も垂直テーブルから水平テーブルへと移動しなければなりません。当装置では、垂直/水平振動が、一つのテーブルで実行できるため、この試験の中断による試験時間の無駄をなくせます。また、試験の自動化にも対応可能で、試験の効率化に役立ちます。
実環境に近い振動で走行シミュレーションに最適
自動車に搭載されたとき、その部品が正常に機能するかどうかを評価するには、実際の使用環境の温度・湿度・振動など環境因子を同時に与え、相互に誘発される不良を確認する必要があります。このような、走行シミュレーションを行う場合、その振動もまた実環境に近いものでなくてはなりません。当装置は、垂直/水平振動を同時に創造することができ、実環境に近い振動を再現することが可能です。
温湿度、振動(X/Y/Z 軸同時)の単独試験が可能
恒温恒湿器と多軸振動試験装置を切り離すことで、恒温恒湿器による温度特性試験や、X/Y/Z 軸同時の振動試験も可能です。(「装置の機構」参照)
安全装備に対応
二次電池や燃料電池など、発ガスや燃焼の可能性がある試料への安全装置を装備できます。

代表的な装備

  • 放圧ベント
  • ガス検知器
  • 強制換気装置
  • CO2ガス消火設備
  • セーフティーロック機構

※Li-ionバッテリーパックやLi-ionバッテリーモジュールを試料とする場合は、必ず安全装備を搭載してください。

装置の構成
図:装置の構成
主な仕様
型式 PVL-5KPH
恒温恒湿器 性能 温度範囲 -40℃~+150℃
湿度範囲 20~98%rh
温度上昇時間 -40~+150℃まで80分以内
温度下降時間 +20~-40℃まで100分以内
寸法 内法 W1000×H1000×D1000mm
外法 W3275×H2412×D1368mm
複合 複合方式 槽底直結方式
組合せ範囲 振動試験装置 2.9kN~80kN
振動機 性能 加振力 サイン 9.8kN(1000kgf)
振動数範囲 3~800Hz
最大変位 51mmp-p
最大速度 1.2m/s
最大加速度 122m/s²
振動テーブル 500×500mm

※型式については、運用上の型式のため、ご注文後変更される場合があります。ご了承ください。

※振動機の仕様(サイン振動試験(固定振動、掃引振動)、ランダム振動試験、衝撃試験)につきましては個別に対応いたします。弊社営業までお問い合わせください。

※加振機との連結条件(槽底直結方式、連結軸方式、水平振動/垂直振動)につきましては、試験条件のご要求の他に、お客様の設置条件に合わせたレイアウト図を作成した上で最適な方式を提案させて頂きます。

この製品をご覧になっているお客さまへのおすすめ製品はこちら