HOME > アフターサポート > サービスメニュー > 周辺機器の販売・装置の設置

文字サイズ
SML

印刷

周辺機器の販売・装置の設置

当社製品を安心して、最良の条件でご使用いただくために、製品のメンテナンスだけでなく、試験器周辺機器の販売・ご提案から、移設作業、関連設備の工事・作業まであわせて行います。

試験器周辺機器の販売・ご提案

逆浸透(RO)膜浄水装置

恒温恒湿装置の加湿水として基準水質である10µs/cm以下の水を自動給水し、連続試験の信頼性を高めます。

  • 加湿皿・加湿ヒーターの汚れを抑える。
  • 加湿ヒーター・ウイックが長持ちする。
  • 生産水量が多く、複数の装置や加湿水量の多い装置への供給が可能です。
  • ランニングコストが低減できる。(純水器や純水装置と比較して)
  • 漏水検知器を標準で装備し、水漏れが万が一発生しても安全に停止します。
SD-25A
SD-25A
漏水検知システム
漏水検知システムとはチャンバーやその周辺機器からの水漏れを監視し、漏水発生時にチャンバーを異常停止させるとともに警報により通報し、周辺の装置や設備、建物などへの水による被害の拡大を未然に防ぐものです。 なお、漏水発生時に水回路を遮断する電磁弁や電動弁などの遮断弁(オプション)もご用意いたしますのでご相談ください。(別途料金必要)
漏水検知システム
漏水検知システム
試料電源供給ボックス
試料に通電しながら試験や評価、検査などを行う際に、チャンバーがトラブル停止した場合や電源遮断(漏電ブレーカーがOFF)した場合、チャンバーに装備された「試料電源制御出力端子」のOFF信号に同期して、試料への通電を遮断し電源供給を停止するものです。
試料電源制御出力端子を介さずに、試料に通電しながら試験や評価、検査などを行っているときに、チャンバーに異常が発生しトラブル停止した場合や、絶縁低下や渦電流などでチャンバーの主電源(漏電ブレーカー)がOFF した場合、試料へ通電され続けることで、試料の自己発熱により、槽内温度が上昇し、試料の焼損や発火に至る危険性があります。そのため、試料保護を目的に「試料電源制御出力端子」に連動して電源供給/遮断することができるようにしたものです。
漏水検知システム
試料用電源制御ボックス
空冷インバータチラーシステム
水冷方式の環境試験器に冷却水を供給するチラーシステムです。定期清掃が不要で、トータルコスト削減に寄与します。インバータチラー方式で年間20~25℃の冷却水を安定供給。精細な制御を要求される環境試験器の冷却水供給設備として最適です。密閉回路システム(下図)で配管系の汚れを極端に低減。開放型冷却塔では必要な毎月の清掃作業が不要で、レジオネラ菌等の拡散も防止します。
※水冷方式の環境試験器には、既設の冷却水供給設備がある場合は別として、冷却水供給設備が別途必要になります。
空冷インバータチラーシステム
空冷インバータチラーシステム

現地工事・作業サポート

冷却塔工事
  • 試験器の新規納入、増設に伴う冷却塔の設置工事
  • 寿命期にある冷却塔の診断、交換工事
  • 薬品注入装置、冷却水配管洗浄、冷却塔高圧洗浄等のメンテナンス
  • ストレーナー目詰まり監視システムの周辺システム追加
一次側接続工事
  • 試験器の新規納入、移設に伴う電気、水回路の一次側接続工事
  • 屋内空冷試験器の新規納入、移設に伴う排気ファン・ダクト設備工事
その他工事/作業
  • 試験器、ビルドインチャンバーの移設、平行移動(一体移動)
  • 冷凍機ユニット、真空ポンプ等重量物の移設・交換
  • ビルドイン等の新規納入・移設に伴う水漏れ拡散防止用ロンリウム貼り工事
  • 試験器の移設に伴う除湿機用ダクト工事
  • 試験器の移設に伴う屋外空冷冷凍機用冷媒配管、フロン回収、代替フロン置換え