HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 環境試験器 > 恒温(恒湿) > 低温恒温恒湿器

文字サイズ
SML

印刷

  • 機器概要
  • 特長

機器概要

食品の保存試験に最適

『食の安全』に厳しい昨今では、食品メーカーが食品安全に関するリスクを低減し、顧客からの信頼を高めるために、HACCPの食品衛生管理手法やISO 22000認証に関連し、食品の保存試験が広く行われています。 低温恒温恒湿器は、温湿度下における安定性試験だけではなく、常温(10 ~35℃)や冷蔵(0~10℃)、冷凍(−15℃以下)での厳密な温度管理が必要な保存試験に最適です。

医薬・化粧品の+5℃の長期連続安定性試験に
業界初! 温湿度分布基準を保証
主な仕様
型式 温湿度範囲 温湿度最大最小幅 内法(mm)
CRH-212 -20~+85℃ / 50~90%rh ±2℃ / ±5%rh以内 W600×H700×D560
CRH-222 W750×H950×D660
CRH-232 W1100×H950×D760

ページトップ

特長

業界初!温湿度分布基準を保証
試験槽内における温湿度差を「温湿度最大最小幅」とし、温湿度制御範囲全域において「±2℃±5%rh」を保証しています。温度+5℃においては「±3℃」を保証しています。
グラフ:温湿度制御可能範囲
フロストフリー範囲拡大(オプション)
長期冷蔵保存試験 +5℃±3℃を実現
+5℃~+30℃の温度運転において、蒸発器の霜付きを防ぐため、冷媒の方向を定期的に切替えるフロストフリー運転を行います。試験中断することなく低温度で長期連続運転が可能です。(特許番号 第6296964号)
扉施錠
試料の紛失防止対策に、セキュリティ管理が可能。
写真:扉施錠
扉施錠
試料の出し入れがスムーズ
スライド式棚板を採用。棚板奥行寸法の半分まで引き出しが可能で、液体などの重い試料を設置した状態で、手前にスライドしても棚板が外れない脱落防止機構を採用しています。
写真:スライド式棚板
スライド式棚板

ページトップ