HOME > 企業情報TOP > 沿革

文字サイズ
SML

印刷

沿革

1947年 初代社長田葉井五郎、専務田葉井敏雄、2代目社長小山栄一らが、科学機器の製造を目的として、現本社所在地にて創業。
1954年 株式会社田葉井製作所に改組。
1960年

写真:わが国で初めて環境試験器の開発に着手。

わが国で初めて環境試験器の開発に着手。

1966年 全国代行店制度を組織、全国の販売網を確立。
1967年

写真:大阪大学医学部附属病院にわが国初の本格的な高気圧酸素治療室(PHC-50)を完成。

大阪大学医学部附属病院にわが国初の本格的な高気圧酸素治療室(PHC-50)を完成。

1968年 昭和43年度中小企業研究センター賞全国表彰を受賞。
1969年 プラチナスシリーズ(低温恒温恒湿器・低温恒温器)を発売。
1972年 業界で初めての2年・5000時間の長期保証体制を実施。(プラチナスシリーズ)
1974年

写真:福知山工場の第一期工事を竣工。

福知山工場の第一期工事を竣工。

1975年 株式会社タバイエンジニアリングサービスを設立。
1977年 福知山工場の第二期工事竣工、そして生産部門の関係会社を3社設立。
1978年 品質保証体制の確立を目指して、品質保証部を発足。
1979年

福知山工場の第三期工事を竣工。

本社に業界初の大型ショールームを開設。

1980年 初代社長 田葉井五郎の死去に伴い、代表取締役専務小山栄一が代表取締役社長に就任。

ページトップ

1981年 本格的CI計画を開始。
1983年

写真:新本社ビル完成。

タバイエスペック株式会社に社名変更。

新本社ビル完成。

大阪証券取引所第二部へ上場。

ESPEC CORP.(現:ESPEC NORTH AMERICA, INC.)を設立。

1985年

写真:科学万博「つくば'85テクノコスモス」へ出展参加。

科学万博「つくば'85テクノコスモス」へ出展参加。

東京証券取引所第二部へ上場。

上海実験儀器総廠(中国)と合弁会社設立、契約に調印。

1986年

東京証券取引所、大阪証券取引所第一部へ指定替え。

上海愛斯佩克環境儀器有限公司を操業。

1987年

環境試験技術センター、日本で初のIECQ独立試験所として認定。

環境試験の代行̶託験を開始。

中国・北京にて環境試験器メーカー初の環境試験機器単独展を開催。

1989年

写真:ESPEC NEW・S '89 TOKYO 国内初の単独展示会を開催。

第2回北京個展を開催。

ESPEC NEW・S '89 TOKYO 国内初の単独展示会を開催。

1990年

花と緑の博覧会に協賛。

福知山工場の第六工場を竣工。

1991年 宇都宮テクノコンプレックスの第一期工事を竣工。
1992年 代表取締役社長小山栄一が代表取締役会長に、専務取締役島崎清が代表取締役社長に就任。
1993年 国際規格ISO9001(JIS Z 9901)に基づく品質システムの審査登録を取得。
1995年 中国電子工業部五所広州模擬環境工程公司と合弁会社を設立、契約に調印。
1996年

写真:'96北京・ESPECグループ環境試験設備展覧会を開催

広州愛斯佩克環境儀器有限公司を操業。

マレーシア駐在員事務所、業務を開始。

'96北京・ESPECグループ環境試験設備展覧会を開催。

福知山工場 ISO14001の審査登録を取得。

1997年

宇都宮テクノコンプレックス ISO14001の審査登録を取得。

マレーシア駐在員事務所をESPEC(MALAYSIA)SDN. BHD. に現地法人化。

塔巴依愛斯佩克環境儀器(上海)有限公司(現:愛斯佩克環境儀器(上海)有限公司)を設立。

創業50周年記念事業を挙行。

2000年

上海愛斯佩克環境設備有限公司を設立。(上海愛斯佩克環境儀器有限公司の事業を継承)

東京本部を開設。

福知山工場の第七工場を竣工。

ページトップ

2001年

写真:神戸テクノコンプレックスの第一期工事を竣工。

神戸テクノコンプレックスの第一期工事を竣工。

ESPEC KOREA CORP.を設立。

アグリ事業をビジネステーマとする株式会社ミック(現:エスペックミック株式会社)に事業参加。

環境試験技術センター(神戸試験所)がISO/IECガイド17025に基づくIECQ独立試験所に認定。

2002年

写真:エスペック株式会社に社名変更。

代表取締役社長島崎清が代表取締役に、常務取締役野路井達が代表取締役社長に就任。

エスペック株式会社に社名変更。

株式会社タバイエンジニアリングサービスをエスペックエンジニアリング株式会社に社名変更。

エスペック環境試験技術センター株式会社を設立。

2003年

写真:ESPEC NORTH AMERICAが新工場を竣工。

グループ全体におけるISO14001認証の一括取得を達成。

福知山工場にエスペック歴史館P3(Pキュービック)を開設。

ドイツに欧州事務所を開設。

ESPEC NORTH AMERICAが新工場を竣工。

2004年

第13回地球環境大賞(日本工業新聞社賞)を受賞。

愛斯佩克測試科技(上海)有限公司を設立。

2005年

第3回日本環境経営大賞環境経営優秀賞を受賞。

第40回代行店会議を中国上海にて行う。初めて国内、海外代行店合同参加での開催。

2006年

株式会社アポロメックを100%出資のグループ会社とし、エスペックテクノ株式会社に社名変更する。

エスペック九州株式会社を設立。

ESPEC EUROPE GmbHを設立。

ESPEC KOREAが新工場を建設。

2007年

写真:福知山研修センターを竣工。

エスペック環境試験技術センター株式会社をエスペックテストセンター株式会社に社名変更。

福知山研修センターを竣工。

代表取締役進信義が代表取締役社長に就任。

2010年

エスペックエンジニアリング株式会社とエスペックテストセンター株式会社を吸収合併。

はやぶさプロジェクトサポートチームの一員として、宇宙開発担当大臣・文部科学大臣より感謝状を拝受。

ページトップ

2011年 代表取締役社長進信義が代表取締役に、常務取締役石田雅昭が代表取締役社長に就任。
2013年

プラチナスJシリーズが第33回(平成24年度)優秀省エネルギー機器「日本機械工業連合会会長賞」受賞。

エスペックテクノ株式会社をエスペックテストシステム株式会社に社名変更。

宇都宮試験所内に「エナジーデバイス環境試験所」を開設。

2014年

写真:愛斯佩克試験儀器(広東)有限公司を操業。

愛斯佩克試験儀器(広東)有限公司を操業。

eco検定アワード2013「エコユニット部門大賞」受賞。

経済産業省「グローバルニッチトップ(GNT)企業100選」に選定。

2015年

タイにESPEC ENGINEERING (THAILAND) CO., LTD.を設立。

上海愛斯佩克環境儀器有限公司を完全子会社化。

宇都宮試験所内に「バッテリー安全認証センター」を開設。

QUALMARK CORPORATION(米国)を連結子会社化。