HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 環境試験器 > 冷熱 > 湿度冷熱衝撃装置

文字サイズ
SML

印刷

湿度冷熱衝撃装置

カスタム品

多機能化、エレクトロニクス化が進む自動車では、自動車機能安全規格「ISO26262」、基本安全規格「IEC61508」を代表とする機能安全への取り組みが必要とされ、車載機器の高信頼性の要求により厳しい環境ストレスを負荷できる冷熱衝撃装置が必須となっています。

冷熱サイクル試験と結露サイクル試験を1台でこなす新発想のハイブリッド型試験装置

ノートパソコンやスマートフォン・携帯電話などのモバイル機器やエレクトロニクス化が進む自動車用電子部品(例えば、ハーネス、ECU、PCU)などは、室外~室内などの移動にともない急激な温度変化にさらされます。当然、このような製品や部品に対しては、急激な高温/低温を繰り返す冷熱サイクル試験が必須になります。また、このような温度変化によって生じる結露も大きな問題です。結露は、電子機器の性能・機能に大きな影響を及ぼし、腐食、マイグレーションや誤作動等の原因になります。そのため、結露/乾燥状態を繰り返す結露サイクル試験も欠かすことはできません。

新開発の「湿度冷熱衝撃装置」は、この二つの試験を1台で行うことができる、新発想のハイブリッド型試験装置です。従来、専用の試験器が2台必要であったものがこれ1台ですみ、低コスト、省スペースで貢献します。

新発想のハイブリッド型試験装置
冷熱衝撃装置(TSA) 上部の高温器を、湿度制御も可能な高温恒湿器に変更することで、結露サイクル試験を可能にしました。1台で二つの試験ができることで、低コスト化・省スペース化はもとより、試料の出し入れにともなう作業も軽減でき、試験の省力化もはかれます。
その上、ハイブリッド型でありながらも高性能で、車載部品試験において、結露サイクル試験、低温結露サイクル試験、などと呼ばれる試験に対応します。
必要十分な冷熱サイクル試験機能を装備

低温さらし最低温度、-70℃(TSA-103ES・TSA-203ES / -70℃)、高温さらし最高温度は、+150℃(同/ +200℃)です。EIAJ ED-2531Aなど、試験規格に対応しています。

※規格試験対応(JPCA-ET09(結露試験))については、詳しくはお問い合わせください。

結露サイクル試験は、当初は結露の再現性を主眼(「低温低湿」⇔「高温高湿」の繰り返しサイクル)として開始されていました。現在では、車載電装部品が遭遇する凍結状態を含んだ温湿度サイクルが要求される機会が増えており、それに対応しています。

試験例 「凍結」~「結露」~「乾燥」

‐30℃/1時間
+25℃/90%rh/1時間
+25℃/除湿/1時間30分
以上の繰り返し

※TestNaviで事例を紹介しています。

湿度サイクル試験専用機と同等の機能を装備
  • すぐれた温度分布で試料に均一な結露を発生。
  • テストエリア壁面の温度をコントロールすることで天井からの水滴落下を防止。
  • 結露時間や結露分布を制御するため、高温恒湿器に風速可変装置を装備。
  • 高温恒湿器側にデフロスト機能を装備。霜取のために試験を中断する必要はありません。
装置の構成
装置の構成
主な仕様
型式 TSA-102D-W TSA-202D-W
電源 AC200V 3φ 3W 50/60Hz
方式 ダンパー切替による2ゾーンおよび3ゾーン


※1
テストエリア※2 高温さらし温度範囲
  1. 冷熱サイクル試験 +70℃~+150℃
  2. 結露サイクル試験 -10℃~+100℃
低温さらし温度範囲
  1. 冷熱サイクル試験 -70℃~+10℃
  2. 結露サイクル試験 -40℃~+10℃
温度変動幅 ±1℃
湿度変動幅 ±5% rh
高温恒湿器
(単体性能)
予熱温度上限 +150℃
湿度範囲 40~95%rh(結露サイクル試験時)
温度上昇時間 -10℃→+100℃まで30分以内
温度下降時間 +20℃→-10℃まで60分以内
低温恒温器
(単体性能)
予冷温度下限 -75℃
温度上昇時間 -75℃→+10℃まで30分以内
温度下降時間 常温→-75℃まで60分以内






※3
冷熱
サイクル
試験
復帰条件
  • 3ゾーン
    • 低温さらし:-65℃(30分)
    • 常温さらし:周囲温度(10分)
    • 高温さらし:+150℃(30分)
  • 電源電圧:規定電圧
  • センサ位置:試料の風上側
  • 試料:プラスチックモールドIC
    5kg
  • 試料:プラスチックモールドIC
    10kg
復帰時間 高温復帰:10分以内
(常温→+150℃)
低温復帰:10分以内
(常温→-65℃)
高温復帰:16分以内
(常温→+150℃)
低温復帰:16分以内
(常温→-65℃)
結露
サイクル
試験1
復帰条件
  • 2ゾーン
    • 低温さらし:+5℃(20分)
    • 高温恒湿さらし:+25℃ 90%(20分)
  • 電源電圧:規定電圧
  • センサ位置:試料の風上側
  • 試料:プリント基板 2kg
  • 試料:プリント基板 5kg
復帰時間※4 高温復帰:20秒以内
(+5℃→+25℃ 90%)
低温復帰:3分以内
(+25℃ 90%rh→+5℃)
高温復帰:20秒以内
(+5℃→+25℃ 90%)
低温復帰:5分以内
(+25℃ 90%rh→+5℃)
結露
サイクル
試験2
復帰条件※5
  • 2ゾーン
    • 低温さらし:-30℃(60分)
    • 高温恒湿さらし:+25℃ 95%(60分)
    • ※予熱温度25℃ 95%
  • 電源電圧:規定電圧
  • センサ位置:試料の風上側
  • 試料:無試料
復帰時間※ 4
  • 高温恒湿復帰:5分以内(-30℃→+25℃ 95%)
  • 低温恒湿復帰:5分以内(+25℃ 95%rh→-30℃)
試料カゴ耐荷重 5kg(等分布荷重)
テストエリア寸法 W650×H460×D370mm W650×H460×D670mm
本体外法寸法 W1670×H1900×D1570mm
(突起物含まず)
W1670×H1900×D1870mm
(突起物含まず)
本体重量 約1300kg 約1550kg
※1 周囲温度が+23℃における場合です。
※2 結露サイクル試験の運転性能には条件があります。詳しくは別途お問い合わせください。
※3 周囲温度が+23℃、冷却水温度+25℃の場合です。
※4 温度のみの性能
※5 12 サイクル(周囲温度によって異なる)に1度程度、サイクル除霜による霜取りが必要です。
※型式については、運用上の型式のため、ご注文後変更される場合があります。ご了承ください。
実績例
・結露試験 試料:自動車用ヘッドライト、車載計器
・車載PCU 試料の発熱量600W
・+5℃⇔+25℃/90%rh テストエリア復帰時間 高温復帰20秒/低温復帰3分  さらし時間 20分 試料:実装基板

※その他試験規格対応、システム機器との連動、JASO D014など、自動車部品に関する規格への対応に関しましては、弊社営業までお問い合せください。

※イオンマイグレーション評価システム(AMI)の他、各種機器との連動につきましては、弊社営業までお問い合わせください。