HOME > 企業情報TOP > 生産

文字サイズ
SML

印刷

生産

エスペックの「思い」を込める製品づくり

エスペックの製品は標準品の数だけでも1,000を超します。これに加え、私たちはお客さまのご要望に合わせてカスタマイズした製品を多数生産しています。福知山工場では、受注と生産をリンクさせながら多品種少量生産が効率的に行える生産ラインを確立しています。ここにはクリーンルームを備えた大型の専門工場を含め、現在7つの工場があります。高品質の製品を作るために最新の設備の導入やQMC(Quality Management Circle)活動、3S(整理・整頓・清掃)活動の実施など生産現場の改善・改良にたゆまぬ努力を続けています。

また、敷地内には福知山研修センターを建設し、社内外の研修に活用しています。「モノづくりの基盤は人づくり」という思想のもと、福知山工場では独自の教育を実施しています。高品質の製品を効率よく生産できる技能者の育成を目的に、社内技能検定制度を導入し、毎年多くの社員が試験に挑戦しています。また、生産分野におけるリーダー層育成のための講座を開設するなど、「人づくり」に力を注いでいます。

エスペックグループのマザー工場 福知山工場

写真:福知山工場(1)

写真:福知山工場(2)

写真:福知山工場(3)

写真:福知山工場(4)

写真:福知山研修センター福知山研修センター

写真:エスペック歴史館P3(Pキュービック)エスペック歴史館P3(Pキュービック)

  • 操業:1974年
  • 総面積:54,822m²
  • 工場面積:18,039m²
福知山工場 アクセスマップ別ウィンドウで開きます
〒620-0853
京都府福知山市長田野町1-7
TEL:0773-27-3131
FAX:0773-27-1132

グローバルな生産体制

海外では、中国の上海・広東、米国、韓国の4カ所に生産拠点を設け、高品質の製品をグローバルに提供できるよう生産能力の拡充を図っています。福知山工場は世界に広がるエスペックグループのマザー工場として、高度化、多様化する製品づくりの中核的役割を担っています。

ESPEC NORTH AMERICA
(ESPEC NORTH AMERICA, INC.)

ESPEC NORTH AMERICAは、1983年、エスペックが100%出資し、海外に設立した初めての現地法人です。開発、生産、販売、サービスの全ての機能を備え、お客さまのニーズに応じた製品を提供しています。恒温(恒湿)器〈グローバルN〉、恒温(恒湿)室<ウォークイン>、小型タイプの恒温(恒湿)器<クライテリオン>などの自社製品をはじめ日本製品の販売、サービスも行っており、豊富な製品群により米国内シェアは第2位。ESPEC NORTH AMERICAで開発、生産された製品は、米国内だけでなく世界各国のお客さまにお使いいただいています。総面積53,540m²の広大な敷地に9,937m²の工場を建設し、さらなる発展に向けた積極的な取り組みを行っています。

写真:ESPEC NORTH AMERICA(外観)

写真:ESPEC NORTH AMERICA(内観)

上海エスペック環境設備
(SHANGHAI ESPEC ENVIRONMENTAL EQUIPMENT CORP.)

上海エスペックは、1986年に中国での初めての生産拠点として設立されました。既に30年近い歴史を持ち、中国のお客さまから大きな信頼を獲得しています。ここでは、恒温(恒湿)室、恒温(恒湿)器、熱風乾燥器、恒温乾燥器、小型恒温チャンバーなどの開発、生産を行っています。約30,000m²の敷地に約3,000m²の工場を3棟建設し、最新の生産設備を備えています。より高い品質の製品を効率よく生産するためにQCサークル活動や技能検定制度を導入するなど、生産現場の改善・改良にたゆまぬ努力を重ねています。今後も市場拡大が予測される中国でチャレンジングな活動を続けていきます。

写真:上海エスペック環境設備(外観)

写真:上海エスペック環境設備(内観)

エスペック広東
(ESPEC TEST EQUIPMENT (GUANGDONG) CO., LTD.)

2014年3月に操業開始したエスペック広東は、エスペックが100%出資する現地法人です。エレクトロニクスや自動車産業が盛んな広東省広州市南沙地区の工業団地内に、総面積28,579m²の敷地に17,854m²の工場を建設しました。最新の生産設備を備えたエスペック広東では、国内で培った生産技術を駆使して「低温恒温恒湿器」や「小型超低温恒温器」「熱処理器」などの生産を行います。ここで生産された製品は、中国国内のみならず、東南アジア諸国へも販売する予定です。グローバルエスペックを支える新たな拠点としてさらなる発展を目指してチャレンジしていきます。

写真:エスペック広東(外観)

写真:エスペック広東(内観)

韓国エスペック
(ESPEC KOREA CORP.)

2001年に設立した韓国エスペック。2006年には、エレクトロニクス産業や自動車産業の中心地域である京幾道平澤市の玄谷工業団地内に、最新の設備を持つ工場を建設しました。ここでは、FPD(フラットパネルディスプレイ)の製造ラインで使われる装置をはじめ、環境試験器の製造・販売も行っています。韓国エスペックで製造された製品は、韓国市場はもちろん、アジアや欧州にも販売していきます。今後、グローバルに活動するエスペックの生産拠点として、高品質の製品を提供できるよう生産能力の拡充を図っていきます。最先端技術を持つ世界トップメーカーが集まる韓国においても、お客さまからの信頼を得られるよう取り組んでいます。

写真:韓国エスペック(外観)

写真:韓国エスペック(内観)