HOME > アフターサポート > サービスメニュー > ネット診断サービス

文字サイズ
SML

印刷

ネット診断サービス

警報発生時に収録されたバックトレースデータから
故障要因を診断

ネット診断サービスとは、警報発生時に収録されたバックトレースデータをお客さまから送付いただき、そのデータから故障要因を解析し、診断結果をお客さまにご提供するものです。ただし、データのみで故障要因等が特定できない場合は、お電話で確認させていただくことがあります。
※バックトレースデータには、設定温湿度、測定温湿度、装置の制御に必要な各種制御項目の制御値情報が記録されています。

概要

対象商品
  • 低温恒温(恒湿)器・恒温恒湿器プラチナスJシリーズ
    恒温(恒湿)室ビルドインチャンバーEシリーズ
受付時間
9:00-17:00
※17:00までにご依頼いただいた場合は、当日中にご報告いたします。
※17:00以降のご依頼は、翌営業日にご報告いたします。
※営業日は、土・日・祝祭日および当社指定の休日を除きます。
費用
本サービスは無料でご利用いただけます。
※E-mail送信に関わる通信等の費用はお客さまのご負担となります。
お問い合わせ
担当部門:カスタマーサポートデスク
フリーコール:0120-701-678

ネット診断サービスの流れ

1、警報発生
警報発生時にその前後のデータを保持し、収録完了となります。
※バックトレース設定が「無効」になっているとデータは収録されておりません。

警報発生

2、USBメモリへデータ出力
ネット診断サービスを受ける場合は、USBメモリを計装画面下のUSB端子に挿入し、データ出力操作を実行してください。
※送付いただくデータは3種類となります。
・バックトレースデータ
・管理設定、メーカーメンテナンス情報
・運転設定情報(定値、プログラム設定)
※セキュリティで保護されたUSBメモリは認識しない場合があります。
※ご用意いただくUSBの仕様は下記をご確認ください。
・USBコネクタ:Aタイプ
・対応規格:USB2.0準拠
・バスパワー:500mA以下
・メモリ容量:  1MB以上 (32GB以下での動作は確認済みですが、これ以上の容量は推奨できません。)
※機密性の高いプログラムが保存されている場合は「出力しない」設定も可能です。
※USBメモリに出力しない場合は「収録再開」ボタンを押さないとバックトレースデータは収録再開しません。

USBメモリにデータ出力

3、USBメモリへデータ出力
弊社専用サイトからネット診断サービスの依頼をしてください。
(3種類のデータを添付)

ESPEC専用サイト

4、USBメモリへデータ出力
担当部門にて診断いたします。
内容によっては、お電話で事前にご確認させていただく場合があります。

診断中

5、診断結果報告
メールにて診断結果を報告いたします。

診断結果

ネット診断サービスのお申込はこちら

受付時間 9:00-17:00
※17:00までにご依頼いただいた場合は、当日中にご報告いたします。
※17:00以降のご依頼は、翌営業日にご報告いたします。
※営業日は、土・日・祝祭日および当社指定の休日を除きます。