HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 計測・評価システム 半導体関連機器 > エレクトロマイグレーション評価システム(AEM-2000)

文字サイズ
SML

印刷

  • 機器概要
  • 特長
  • モニター画面
  • 解析ソフトウェア
1キャビネットで、240chの評価試験
1オーブンにDUTボードが8枚、DUTボード1枚には5個のソケットを実装しています。1ソケットあたりDUTを2個まで装着でき、2サンプルの試験が可能です。1オーブンでは、最大80DUTの評価試験が行えます。
1キャビネットで、240chの評価試験
240chタイプ
高温400℃の高精度オーブン
試験温度は400℃を実現し、350℃において分布は±2.5℃の高精度を発揮。1キャビネットに最大3台のオーブンを搭載でき、オーブンごとに異なる温度条件で評価を行えます。
200mAまでの幅広い電流ストレス印加
0.1mA~200mAのストレス電流印加が行えます。
ソケットは600mil/300mil 28pin共用です。
高信頼性ボードを開発
DUTボードとソケットの接続部が確実に固定できる二重コンタクト構造(特許出願中)とし、さらにDUTとソケットとの接続も確実に行えるエスペック独自の工夫をしています。
これらの新構造により、高温下での長時間の評価にも対応でき高い信頼性を確保しています。

高信頼性ボードを開発

ピンアサインスクランブル機能
エスペックのDUTボードはピンアサインスクランブル機能によりピンアサインが異なるDUTに対しても評価することができます。

ピンアサインスクランブル機能