HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 環境試験器 > 恒温(恒湿) > 低温恒温(恒湿)器・恒温恒湿器 プラチナスJシリーズ

文字サイズ
SML

印刷

  • 機器概要
  • 特長
  • 省エネ
  • 機能向上
  • 給水機能
  • 安全基準適応
  • 安全性強化
省エネとハイパフォーマンスを両立
微少な冷凍能力を制御する冷凍PID制御と高速処理能力を備えた新開発・N計装により、冷却・加熱の両方の能力を最小限で制御できるSmart R&D(冷凍&除湿)システムを開発しました。メイン・サブ、いずれの冷凍回路にも搭載しています。

●消費電力量比較(例)

新開発冷凍回路システム(メイン冷凍回路)
冷却側では電子膨張弁の流量コントロールを0 ~ 100%に可動域を広げ、Smart R&D(冷凍&除湿)制御により最小限の冷凍能力をコントロールすることで、加熱ヒーターの出力も抑え、冷凍機、加熱ヒーターの消費電力を低減しながら、高精度な温湿度環境を創りだしています。
省エネ用冷凍回路(サブ冷凍回路)
400W の冷凍機を搭載した装置は、50℃/ 40% rh以上の恒温(恒湿)域での安定時において、400W 冷凍機に切換えさらに最小の能力で運転できるSmart R&D(冷凍&除湿)制御します。この2重の省エネ制御により最高の省エネ運転が行えます。たとえば、従来器との比較でPL-3Jで+ 85℃/ 85% rhにおいては省エネ率70%と大幅に消費電力量を低減しています。

●新冷凍回路

DCインバーター(オプション)
低温域での使用が多い場合は、低温域では省エネ特性にすぐれたDCインバーター制御冷凍システムをお選びいただけます。DCインバーター冷凍機と電子膨張弁との組合せによる最低周波数制御(特許出願中)で消費電力を大幅に低減します。
ヒートパイプ冷凍方式の高温高湿器
冷却にヒートパイプを採用し、冷凍システムでの電力使用がないため、消費電力を低減しています。
また、冷凍機による影響がなく、高温高湿域(95℃/ 95% rh)の試験が行えます。

●ヒートパイプ構造図