ESPEC Quality is more than a word

MENU

検索

ニュースNEWS

第1回エスペック環境セミナー「企業敷地で実践する生物多様性」を開催

2019年05月30日

2019 年6月5日(水)、エスペック株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:石田雅昭)の神戸R&Dセンター(神戸市北区)において、第1回エスペック環境セミナー「企業敷地で実践する生物多様性」を開催します。

近年SDGs やISO14001 の2015 年版改定など、新たな枠組みを背景に「生物多様性」に対する企業の取り組みに大きな期待が寄せられています。

本セミナーは、今後どのように生物多様性保全に取り組めばいいのかお悩みの企業担当者様を対象とした生物多様性の基礎を学ぶセミナープログラムです。当日は、業界団体として横軸で生物多様性保全を連携・推進されている電機・電子4 団体生物多様性ワーキンググループ様、および、当社グループ会社で在来種による緑地創出事業を行うエスペックミック株式会社から講師をお招きし、具体的な取り組み事例をご紹介します。また、企業の敷地内で取り組む自然再生事例として、神戸R&Dセンターのバンビの里(エスペックの森・ビオトープ)をご見学いただきます。

今後も当社は、生態系保全活動への参加・協働・事業活動を通して、生物多様性保全への貢献を目指してまいります。

本セミナーの概要

日時: 2019 年6月5日(水)10:00~17:00 (9:30 受付開始)
場所: エスペック株式会社 神戸R&Dセンター
〒651-1514 神戸市北区鹿の子台南町5-2-5(JR 三田駅より送迎あり)
地図
参加費: 3,000 円 (研修費として:昼食代、施設利用料を含む/当日、領収書発行可)
募集人数: 20名程度
講師: ・電機・電子4団体生物多様性WG
富士ゼロックス株式会社 総務部 環境経営グループ長 宮本育昌様
・エスペックミック株式会社 自然環境創造事業部 吉野知明様
プログラム:

1.座学:「Let's Try Biodiversity!- 企業が取り組むはじめての生物多様性-」

講師:宮本育昌様

電機・電子4 団体生物多様性ワーキンググループ様が制作・発行された「企業が取り組むはじめての生物多様性 Let's Try Biodiversity!(LTB)」の冊子を元に、生物多様性保全活動のポイントなどを具体的な事例を紹介しながら解説いただきます。

<受賞歴>
電機・電子4団体生物多様性WG様は、このLTB 冊子の発行による生物多様性保全への普及活動などが評価され、国連生物多様性の10 年日本委員会が主催する『生物多様性アクション大賞2018つたえよう部門』で優秀賞を受賞されています。


2.座学:「企業活動と生物多様性:地域植生と企業緑地」

講師:吉野知明様

企業活動が生物多様性、特に地域植生(植物群落)に与える影響や、自然再生のために有効な手法など、社内で生物多様性を進めるヒントとなる考え方を講義いただきます。


3.見学:「企業敷地内での自然再生事例の紹介」

講師:吉野知明様

神戸R&D センターのバンビの里(エスペックの森・ビオトープ)での取り組みやその成果をご紹介するとともに、企業の敷地内で取り組める自然再生事例を見学いただきます。


4.実習:「地域の樹林再生のための苗木づくり」

講師:吉野知明様

企業立地や住宅地開発によって減少・分断・劣化しつつある緑地を再生するひとつの方法として、苗木づくりを体験していただきます。


※プログラムの3と4は、当社が関西学院大学学生向けに行っている「命を守る森づくり推進リーダー養成セミナー」との共同実施を予定しています。

本セミナーのお申込み・お問い合わせ

環境管理室 環境管理グループ

TEL:0773-27-9202

本リリースに関するお問い合わせ

コーポレートコミュニケーション部 IR・広報担当

TEL:06-6358-4744 FAX:06-6358-4795 
E-MAIL:ir-div@espec.jp

一覧にもどる