ESPEC Quality is more than a word

MENU

2.エスペックの強みは?

世界30%以上、国内60%以上、
世界トップシェアを誇る環境試験器のリーディングカンパニー
エスペックの強みを紹介します。

強み① 世界トップシェア

主力事業である環境試験器で世界トップシェア

日本で初めて環境試験器の開発に成功したエスペック。半世紀以上に渡り、トップブランド企業として業界をリードし続けています。世界シェアは、30%以上、国内シェアは、60%以上を誇ります。

2020年には、経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」に選定されました。2013年度に続いての受賞であり、世界シェアと利益の両立や、技術の独自性と自立性などが評価されました。

経済産業省 2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」に選定

※経済産業省が特定分野での高いシェアや国際競争力を持つ企業を認定するもの。2013年度創設。2回目となる2020年版では国際情勢が変化する厳しい経営環境でも勝ち抜いている企業などが選定された。

写真:恒温(恒湿)器プラチナスJシリーズ 恒温(恒湿)器プラチナスJシリーズ

強み② 技術力

独自の“環境創造技術”であらゆる環境を再現

当社は温度や湿度、圧力などの環境因子を精密にコントロールできる高い技術力を持っています。さらに、日射や雨、雪、霧、風といったさまざまな環境を複合して再現することもできます。
このような高い技術力によって生み出される当社の環境試験器は、クルマの電動化や自動運転、5G、IoTなど最先端分野や航空宇宙など高い精度が求められる分野の技術開発・製品開発に使用されています。

写真:人工気象室の例 人工気象室の例

写真:小惑星探査機「はやぶさ」に貢献

写真:表彰状 小惑星探査機「はやぶさ」に貢献
(宇宙開発担当大臣と文部科学大臣より感謝状を拝受)

強み③ 製品・サービス力

業界をリードする充実の製品・サービス

高い品質、豊富な品揃え、徹底した省エネ。業界をリードする当社の環境試験器は常に進化を続けています。日本初となる低GWP(地球温暖化係数)冷媒搭載製品や海外ニーズに適合した製品などを次々にラインアップしています。
また、当社の技術とノウハウを活かし受託試験サービスを展開しています。2015年には国連規則に対応した「バッテリー安全認証センター」を開設、2019年には豊田試験所をリニューアルするなどサービスの充実を図っています。

写真:自動車が一台入る実車試験装置 自動車が一台入る実車試験装置

写真:バッテリー安全認証センター(宇都宮テクノコンプレックス内) バッテリー安全認証センター
(宇都宮テクノコンプレックス内)

強み④ グローバルな生産・販売力

世界50カ国に広がるグローバルネットワーク

生産拠点は日本の京都府福知山市、中国の上海・広東、米国のミシガン州・コロラド州、韓国の計6拠点。海外販売・サービスネットワークは50カ国45社です。2015年にタイ、2018年にベトナムに新会社を設立するなど拠点拡充を図っており、世界中のどこでも安心して購入・利用いただける体制を構築しています。海外売上高は増加傾向にあり、現在は約45%を占めています。グローバル企業としてさらなる成長を目指しています。

図:世界45カ国に広がるグローバルネットワーク

ご質問がございましたらこちらのお問い合わせフォームをご利用ください。

株主・IRに関するお問い合わせ