HOME > CSR活動TOP > 社会性パフォーマンス > 取引先さまとのかかわり

文字サイズ
SML

印刷

取引先さまとのかかわり

取引先さまとのよりよい関係を目指して

基本方針

当社は取引先さまと良好なパートナーシップを構築し、相互発展できる関係づくりを重視しています。取引においては、関連法令・法規を順守し、公正・公平な取引関係のもと、グローバルな観点で国内外から必要な資材・サービスを適切な品質・価格・納期・環境への配慮を含めて総合的に判断し調達していきます。

法令の理解・遵守のために

資材調達においては「下請代金支払遅延等防止法(下請代金法)」遵守の徹底を目的として、社内教育をはじめ、さまざまな取り組みを行っています。

2015年度は、資材部内での定期的な自主監査に加え、関係部門に対する監査を実施し、懸案事項への必要な措置を講じることで、違反行為を未然に防ぐ活動に注力しました。また、下請代金法の研修会を購買担当者だけでなく、取引先さまと関係のある部門の責任者も対象として開催するとともに、関係部門の新任管理者に対しては、外部講習会の受講を促進することで、体制の強化に取り組みました。

事業継続マネジメントの取り組み

自然災害や取引先さまの倒産など不測の事態が生じた場合、お客さまへの影響を最小限に抑えるため、当社資産の金型の現物確認や、取引先さまの経営状況等の確認を定期的に実施しています。

2015年度は、前年度策定した「災害確認基準」と「初期対応方法」に基づいた実践活動を行いました。

取引先さまの被災状況や、欠品が生じると生産現場への影響が大きい部品の状況確認が必要な場面が17回発生しましたが、いずれの場合も迅速に確認を行うことができ、生産現場への影響を最小限に抑えることができました。

写真:「エスペック共栄会」QCサークル活動「エスペック共栄会」QCサークル活動

「エスペック共栄会」の運営

1981年より取引先さまと当社との相互信頼の構築、および共存共栄を目的とした「エスペック共栄会」を組織しており、36社の取引先さまに参画いただいています。(2016年3月末現在)

2015年度は、共栄会の目的の一つである経営体質の向上を図るため、現場力の強化を目的としたQCサークル活動の活性化に取り組みました。

参加サークルが前年度の20サークルから29サークルに増え、それぞれが大きな成果を出したことで、非常に有意義な活動とすることができました。

「エスペック優秀取引先表彰制度」の実施

多大なご協力をいただいた取引先さまに対して、感謝の意を表する「エスペック優秀取引先表彰制度」を導入しています。2015年度は、社長賞1社・優秀賞1社・特別賞2社の取引先さまを表彰させていただきました。

グリーン調達の実施

2000年に「エスペックグリーン調達基準書」を制定し、資材調達先に対するグリーン調達を実施しています。

2015年度は、グリーン調達認定取引先の拡大を目的に、東京と大阪で説明会を開催するとともに、活動支援に取り組み、新たに13社の取引先さまを認定することができました。また、既存のグリーン調達認定取引先さまに対しては、「エスペックグリーン調達基準書」に基づき、RoHS規制への対応強化などグリーン調達対応におけるレベルアップに取り組みました。その結果、当社登録部品点数の96%を占める合計128社の取引先さまが認定基準をクリアすることができました。