HOME > CSR活動TOP > 社会性パフォーマンス > お客さまとのかかわり

文字サイズ
SML

印刷

お客さまとのかかわり

製品・サービスの品質保証

品質方針

私たちは、お客さまが品質保証活動で使用される環境試験器を提供しており、エスペック製品のクオリティがそのままお客さまの製品のクオリティに直結していること、また、その重責を担っていることに、私たちの存在意義があると考えています。私たちは、「お客さまへ安全、快適、確実に使命を果たす、より確かな製品とサービスの提供を行う」を基本理念として掲げ、グローバルカスタマーの期待に応える高品質製品の実現に向けて取り組んでいます。

品質保証体制

国内外でEQA(ESPEC Quality Assurance)と呼ばれる独自の品質保証体制を確立し、活動を行っています。
また、1993年に国内他社に先駆けて品質マネジメントの国際規格「ISO9001」の審査・登録を行いました。その後2015年のISO改正についても移行を完了して認証継続するとともに、品質保証体制の継続的改善を実施しています。

QMC活動

エスペックでは、生産現場を中心としたQC活動を、日常業務の中から顧客満足向上・付加価値創造の実現を目指す全社員参加型の「小集団活動」へと転換し、QMC(Quality Management Circle)活動として実施しています。

毎年多くのサークルが改善活動に取り組み、品質改善やコスト削減、業務効率の向上など大変高い成果を挙げています。

ページトップ

お客さま満足の向上に向けて

写真:第9回国際二次電池展 (東京ビッグサイト)第9回国際二次電池展 (東京ビッグサイト)

第9回国際二次電池展に出展(東京ビッグサイト)

二次電池・蓄電池の製造・開発に関する世界最大の展示会「第9回国際二次電池展」に出展しました。恒温槽一体型の二次電池充放電システム「アドバンストバッテリーテスター」や、急速な温度変化に対する試料の耐久性を評価する「ハイパワー恒温(恒湿)器 ARシリーズ」などを展示しました。出展ブースでは、電池モジュールや電池パック特有の安全性評価事例や試験動向などに関するセミナーも開催しました。国内のお客さまはもとより、中国、台湾、韓国をはじめとする海外のお客さまにも多数ご来場いただきました。

写真:プロダクトロニカ(ドイツ・ミュンヘン)プロダクトロニカ(ドイツ・ミュンヘン)

プロダクトロニカに出展(ドイツ・ミュンヘン)

2017年11月にドイツのミュンヘンで開催された国際電子部品製造機器専門見本市「プロダクトロニカ」にドイツの代理店と共同出展しました。自動車市場で要求の多いIEC60068シリーズなどの試験規格に適合するハイパワー恒温(恒湿)器や冷熱衝撃装置などを展示しました。世界各国から126名のお客さまにご来場いただきました。

写真:エスペック信頼性セミナー2017エスペック信頼性セミナー2017

エスペック信頼性セミナー2017の開催

お客さまへの信頼性試験における有益な情報を提供する活動として、信頼性セミナーを東京と大阪で開催し、計248名のお客さまに参加いただきました。製品の開発サイクルの短縮化に伴って注目が高まる加速試験「HALT(Highly Accelerated Limit Test)」をテーマに講演を行いました。電動車両機器向け環境試験規格の国際標準化動向についても最新情報をご紹介し、ご来場のみなさまからご好評をいただきました。

技術者向け情報サイト「Test Navi」

技術者のための信頼性技術の専門情報サイト「Test Navi」を開設しています。環境試験のノウハウや信頼性試験の基礎から最新の試験動向まで、お客さまに役立つ情報をタイムリーにお届けしています。会員登録者数は16,000名を超えました。

ネットワークを利用した商品・サービスの提供

ネットワークを利用して複数の装置の稼働状況をモニターできる集中管理システムを提供しています。試験装置の運転状況や結果確認のための見回りが不要となるなど、より効率的な試験を行うことができます。

業界初 製品の「5年保証」の実施

主要4製品を対象に業界初となる「5年保証」を実施しています。製品を設置してから5年間、無償で修理対応を行います。高品質な製品と万全のサービス網を持つエスペックならではのサービスです。

<5年保証製品>

写真:恒温(恒湿)器プラチナスJシリーズ恒温(恒湿)器プラチナスJシリーズ

写真:ハイパワー恒温(恒湿)器 ARシリーズハイパワー恒温(恒湿)器
ARシリーズ

写真:冷熱衝撃装置 TSAシリーズ冷熱衝撃装置 TSAシリーズ

写真:小型環境試験器小型環境試験器

写真:海外代理店サービストレーニング(フランス・ビュク)海外代理店サービストレーニング
(フランス・ビュク)

海外代理店サービストレーニングの実施(フランス・ビュク)

海外のお客さまに安心して製品をご使用いただけるよう、海外代理店フィールドエンジニア向けのトレーニングを実施しています。2017年度はドイツ、フランス、トルコ、ロシア、台湾など計8カ国、27名のフィールドエンジニアが参加しました。装置不具合時における原因解析力の向上に向けた活動を行いました。

カスタマーサポートデスク

2003年、業界に先駆けてお客さまのお問い合わせにダイレクトにお応えするカスタマーセンターを設置しました。2016年度には「カスタマーサポートデスク」と組織名称を変更し、装置トラブルへの対応も開始するなどサポート体制の強化を図りました。これにより製品の購入前から製品廃棄に至るさまざまなシーンにワンストップで問題解決できる体制となりました。また、お客さまへの応対品質の向上を図るため、全オペレーターが電話応対技能検定資格を取得したほか、お客さまへの適切な回答方法を学ぶ社内教育を定期的に実施しています。

予防保全とメンテナンス

お客さまに安心して製品をご使用いただくため、全国15のサービス拠点で最適な予防保全と24時間受付サービスなどによるオンコールサービスを行っています。さらに、エスペックがネットワークを介して装置の異常を検知し、早期にお客さまにご連絡して復旧をサポートする「エスペックオンラインサポート」も実施しています。