インタビュー

エキスパートの先輩たちのもと
さまざまな分野の知識を習得。
経験を重ねながら
確実に成長していることを実感

製品開発部
開発1グループ

Y.K

2015年 入社
システム理工学部 電気電子情報工学科

01現在の仕事内容を教えてください

標準環境試験器のモデルチェンジや新製品の開発・設計を担当しています。現在は、従来品になかった海外車載メーカーの規格に適合した製品の開発に携わっています。これらの製品は海外市場および海外ユーザーの開拓・拡大を目指したもので、温度変化率や槽内容量の大きさなど今までの標準器とは違っています。そのため、電気設計をする際の配線ルートの設定ひとつ取っても困難なことが多く、出図しては先輩と一緒に試作品を作製、評価し、何か問題があると判明した場合は解決する方法を考え、打てる手をすべて打って進めてきました。現在、最終段階に来ており、まもなく出荷できる見込みです。

02仕事のどこに魅力を感じていますか?

一つひとつの仕事が今まで経験したことがないものばかりで、常に新しいことに挑戦できる環境にあるというのは大きな魅力ですね。また、電気・構造・冷凍冷蔵など各分野のエキスパートが揃っていて、分からないことを遠慮なく聞くことが出来る、この環境もエスペックの良さのひとつと言えると思います。まだまだ分からないことが多く苦労する場面もありますが、仕事をすればするほどさまざまな分野の知識が身につき、少しずつですが自分のできることが増えていることを実感しています。また、この仕事は、例えば電子部品の選定理由など、自分の考えを相手に伝える、特に分からない人にも分かるように正しく伝えることがとても重要であり、伝え方という面でもずいぶんと成長したと思っています。

03いちばん苦労したことは何ですか?

入社2年目の時、小型環境試験器の技術評価を担当したのですが、当時はまだ技術評価に関する経験もノウハウもなく、温度や湿度等データの収集にはかなり手間取りました。自分としてはその日その日にできることを進めていたのですが、評価の取り直しが発生するなど、なかなか計画通りにはいかなかったのです。評価は装置を5台同時に稼働させながら行ったのですが、中でも槽内温度を均一にしなければならないところで、その分布がうまくいかずに苦労しました。先輩にアドバイスをもらい、ファンの位置を変更することで風の流れを変え、温度分布は納得のいくものになりましたが、評価期間は決まっていたので正直焦りましたね。

04その困難をどのようにして乗り越えましたか?

その時は先輩のフォローがあり、作業全体の把握、全体の計画、週間計画、1日の計画、進捗報告をすぐに行う習慣をつくり作業を分担しました。また、その案件では期限に間に合わないと焦ってしまい、改めて私たちの仕事にはタイムリミットがあることを痛感。そこから複数ある技術評価の項目に優先順位をつけることの重要性を知り、今すぐ手がける項目と、後回しにしてもいい項目を明確にして業務負荷のバランスを取るように努めました。そして、こうして身につけた知識や経験を会社の共有物にしていく、そのことも私たちの大切な務めだということを改めて感じました。

05現在、感じているエスペックの魅力とは?

いろいろありますが、特に私が魅力的だと思っていることは技術者育成に力を入れているところです。外部セミナーを積極的に受講できるのもそのひとつです。私は将来必要になると考え、入社3年目の1年間は、外部セミナーで強度計算に
有効なCAE(Computer Aided Engineering)の知識習得に取り組みました。資格取得のサポート体制も万全で、私も電気工事士2級の資格を取得。第三種電気主任技術者にも挑戦しようと思っています。学びたいという意欲のある人にとっては、エスペックは絶好の環境と言えますね。