HOME > 製品・サービスTOP > サービス > 受託試験・コンサルティング > 受託試験 > 温湿度万能評価試験

文字サイズ
SML

印刷

温湿度万能評価試験

試験の概要・特長

恒温恒湿環境下で引張試験を行う温湿度万能評価試験です。
自動車に搭載される高分子材料などでは厳しい温湿度環境や振動・衝撃にさらされることが予想され、開発段階での材料評価が安全性・信頼性確保の中で大きな課題となっています。
例えば燃料電池に使用される電解質膜や、開発・技術革新が進む機能性の高分子材料、用途が広がる接着剤は、湿度による吸湿、温度による硬化・軟化など、使用される温湿度によって、材料の物性特性が大きく変化しますので、温湿度万能評価試験の重要性が増しています。

試験設備のご紹介

恒温槽の天井部分より挿入した引張試験機は、独立した4台の高精度電動アクチュエータによる引張・圧縮機構を備え、一度に4本まで各種物性評価試験を行うことができます。
引張試験、圧縮試験、応力緩和試験(引張及び圧縮)、クリープ試験(引張及び圧縮)、繰り返し疲労試験といった物性評価試験が行えます。
試験は任意の温湿度に設定された恒温恒湿槽内で行われます。引張試験機の試験条件はそれぞれのアクチュエータごとに試験条件(試験種類は同一)の設定が可能です。

設置状況
  • 温湿度万能評価装置(宇都宮試験所設置)

温湿度万能評価装置(宇都宮試験所設置)

対応試験種類  ※4台のアクチュエータに異なる試験条件を設定可能 (試験種類は同一)
試験種類 1.単純引張及び圧縮試験 2.応力緩和試験 3.クリープ試験
引張試験 圧縮試験 (引張及び圧縮) (引張及び圧縮)
ロードセル 100N 1000N 引張:100N 引張:100N
1000N 圧縮:1000N 圧縮:1000N
試験ストローク 250㎜ 250㎜ 250㎜ 引張:250㎜
圧縮:0.2㎜
変位量測定器 マグネスケール マグネスケール マグネスケール マグネスケール
変位量測定分解能 0.0001㎜ 0.0001㎜
試験片 ダンベル7号 20×20×20㎜
制御種類 変位制御 荷重制御
※荷重制御精度は各レンジに
おいて±1%/FS以内
取得データ 時間-荷重曲線 時間-変位曲線
最大データ 連続2000時間 連続2000時間
取得時間
恒温恒湿槽 主要仕様
型式 PL-4KP
温度範囲 -40~+100℃
湿度範囲 20~98%rh
内部寸法 W1000×H1000×D800mm