HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 二次電池関連機器 > アドバンストセーフティテスター

文字サイズ
SML

印刷

アドバンストセーフティテスター

  • 機器概要
  • 特長

リチウムイオン二次電池は民生から蓄電・自動車へとその用途を拡大しており、高度化する性能試験だけではなく、安全性試験に対しても関心が高まっています。
エスペックはこれらのニーズに対して、精密な温度環境下で複数の安全性試験を実施出来る、“アドバンストセーフティテスター”をご提案します。

分類 項目 仕様(例)
適用電池 小容量セル~ノートPC用電池パック
恒温槽 温度範囲 -40~100℃
温度変動 ±0.3℃
安全装置 ・放圧ベント
・強制給排気用ダンパ、ダクトフランジ
・熱検知器、煙検知器、CO2消火器、ガス捕集装置
計測操作ユニット システム 恒温槽・釘刺・圧壊・外部短絡統合システム
モニター項目 [釘刺・圧壊]荷重、移動距離、速度、電池電圧、電池温度
[外部短絡]電池電圧、電池温度
データ出力 モニター項目のCSV保存可能
圧壊・釘刺ユニット 設置可能な電池サイズ W:245mm×D215×H180mm
荷重範囲 0.4~20kN
速度 0.1~50mm/sec.
ストローク 2~200mm
外部短絡ユニット 短絡電流 500A
回路抵抗 ユニット内抵抗切替
①5mΩ以下(抵抗ショート)
②10~30mΩ
③80~100mΩ

※対応する試験規格および仕様については気軽にご相談ください。

車載二次電池パック用 大型安全性試験装置事例
※製品の改良・改善のため、仕様および外観、その他を予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。
  • 大型釘刺し・圧壊試験装置
    最大500kg、2m×2mサイズまで設置可能な電動昇降ステージや各種安全機能を装備

    大型釘刺し・圧壊試験装置
  • 大型外部短絡試験装置
    最高電圧500V、最大電流24,000Aまで試験可能な世界初の大型装置
    大型外部短絡試験装置

    ※製品の改良・改善のため、仕様および外観、その他を予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。

この製品をご覧になっているお客さまへのおすすめ製品はこちら