HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 二次電池関連機器 > アドバンストバッテリーチャンバー Next

文字サイズ
SML

印刷

アドバンストバッテリーチャンバー NEXT

  • 機器概要
  • 特長

車載用二次電池の充放電試験では、高入出力特性測定時の電池の高発熱や、長期サイクル・寿命試験時の電池劣化による発熱量増加により、環境温度とのずれが生じ、正確な評価ができない問題があります。
また、1台の恒温槽に複数個の電池を入れて充放電試験を行う場合、温度分布の偏りと電池の発熱によって、各電池の熱履歴が異なることも、評価の妨げとなっています。
エスペックではこれらの課題に対する答えとして、長年培った環境創造技術を応用し、「マルチエリア温度制御」を搭載した“アドバンストバッテリーチャンバー Next(精密温度制御チャンバー)”を提案します。

主な仕様(例)
分類 項目 仕様・特長
性能 温度範囲 -40℃ ~ +100℃
温度分布 ±0.5℃ (各電池設置エリアの中心空気温度(計6点)における温度設定値に対する偏差)
許容発熱負荷 500W(空気温度制御時、-20℃にて)
寸法 内法寸法(W×H×Dmm) 800×790×525 (部分的突起を除く)
外法寸法(W×H×Dmm) 1000×2196×1255 (部分的突起を含む)
安全装備 放圧ベント φ100mm
オプション 試料温度制御 適用温度範囲:-20℃ ~ +60℃
許容発熱負荷:試料数、使用温度範囲に合わせて対応
中継モジュール 試験槽背面貫通方式にて槽内配線レスに対応(標準:φ100ケーブル孔×3)
背面電源収納ボックス 各種充放電電源装置(自社/他社製)を収納可能
設置スペース削減に貢献
背面電源収納架台
CO2消火器 熱暴走時の熱・煙検知後の自動消火および運転停止に対応、吸排気ダンパ連動可能
煙感知器 光学式スポット型検知器を採用、熱暴走時の煙を効率的に感知
CO・H2ガス検知器 電池から発生するガスを採取するポンプ吸引式、二段警報、吸排気ダンパ連動可能
給排気ダンパ CO2消火器噴射後の槽内ガスの強制換気に対応、ガス検知器連動可能
その他充放電用恒温槽ラインナップ

■ADBC(アドバンストバッテリーチャンバー)シリーズ

  • 充放電試験用に専用設計、水平層流により高い温度分布性能を実現。
  • 他社充放電電源を搭載、一体型による省スペース化が可能。
項目 ADBC-S (1槽タイプ) ADBC-W (1槽ワイドタイプ) ADBC-T (3槽タイプ)
温度範囲 -40℃ ~ +100℃
温度分布 ±1.5℃
内法(W×H×Dmm) 640×850×544 1110×850×544 510×400×400×3槽
外法(W×H×Dmm) 1250×1875×1560 1720×1875×1560 1200×2022×1300
重量(kg) 540 600 800

※2 槽タイプもあります

■BPU(充放電用恒温恒湿器)シリーズ 

  • 左右オープンスペースにより充放電装置との接続性を向上。
  • プラチナスシリーズ同様の垂直方向気流制御。
項目 BPU-2 BPU-3 BPU-4
温度範囲 -40℃ ~ +100℃
内法(W×H×D mm) 500×750×600 600×850×800 1000×1000×800
外法(W×H×D mm) 700×1760×1343 800×1860×1543 1200×2010×1543
重量(kg) 340 420 610

詳細はこちらをご確認ください

この製品をご覧になっているお客さまへのおすすめ製品はこちら