HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 二次電池関連機器 > 充放電用恒温恒湿器

文字サイズ
SML

印刷

充放電試験に最適なシンプル性能・設計

二次電池の信頼性試験として欠かせない充放電試験。大容量の電流での充電・放電を繰り返し、一定の温度環境で長時間さらし試験を行います。充放電用恒温恒湿器は、試料へのアクセスのし易さや万一のときの安全機能を装備。そして、槽内の均一な温度分布や、長期連続運転での高精度な制御など充放電試験に最適な試験器です。

均一な温度分布
上部から噴出す垂直方向気流を槽内に隅々まで風が行き渡るように風量を大きくし槽内の温度分布をより均一にしています。
フロストフリーで連続運転
温度設定が+15℃以上の場合、除霜による運転を中断せずに、長期連続運転が行えるフロストフリー機能を搭載しています。
2系統の電源回路
チャンバーの駆動部(機械部)と、制御部(温度指示調節器)の電源回路を分け、異常発生時に機械部の運転は停止しますが、槽内の温度モニタリングは継続して行えます。
主な仕様
温度範囲 -40 ~+100℃
湿度範囲 20 ~ 98%rh
温度上昇時間 +20 ~+100℃まで35分以内
温度下降時間 +20 ~-40℃まで60分以内

この製品をご覧になっているお客さまへのおすすめ製品はこちら