HOME > 製品・サービスTOP > サービス > 校正証明 > 環境試験器校正

文字サイズ
SML

印刷

環境試験器校正

環境試験器の校正に関しては、従来国家規格がなく日本試験器工業会が定めた「環境試験装置の性能基準」(JTM規格)に基づいて行われてきましたが、2006年にJIS C60068-3-5 「温度試験槽の性能確認の指針」、2008年にJIS C60068-3-6 「温度/湿度試験槽の性能確認の指針」が制定され、これらに対応する新JTM規格が制定されています。
対象となる環境試験器によって最適な校正方法をご提案させていただきます。

トレーサビリティサービスの流れ

  • ISO/IEC17025認定(国際MRA対応)環境試験器校正
    ISO/IEC17025に適合した校正機関による恒温恒湿槽の校正は「校正結果の信頼性」の証となります。TS16949などの品質管理システムを構築するお客さまの要求に応えられる校正報告書をご提供できます。

    ISO/IEC17025認定校正(国際MRA対応)

  • 専門の教育・訓練を終了したスタッフが校正を実施します。
  • 校正に使用する計測器は国家標準とトレーサビリティが確保されており各種証明書のご要求にも対応しています。
  • ご要求により「不確かさ」についても対応させていただきます。

校正費用

トレーサビリティサービス料金=性能確認料金+校正料金+派遣料金+証明書料金

■性能確認
校正前に校正に必要な製品の基本性能の確認を行います。
  • 校正実施前6ヶ月以内に当社点検を実施されている場合、
    および点検を同時に依頼される場合は性能確認は不要となります。
  • 性能確認の結果により修理の必要が生じた場合、
    修理費は別途ご請求となります。
■校正
装置の種類・校正内容により費用が異なります。
  • 校正項目、校正温湿度設定値・設定数など校正内容については、
    ご希望に応じてご相談を承ります。
  • 他社製品については、当社の相当製品と同料金に設定させていただきます。
■派遣
技術者を派遣する際の交通費・宿泊費の実費をお申し受けいたします。
  • 校正は基本的にお客さまが試験器をお使いの場所で実施させていただきます。
■証明書
証明書は4種類です。
  1. 校正成績書
    校正品名、型式、製造番号、使用計測器名、型式、製造番号、校正項目、
    校正結果データ(校正条件、校正環境、実施者)
  2. 校正証明書
    校正品名、型式、製造番号、使用計測器名、型式、製造番号、校正作業、
    トレーサビリティ証明の説明、校正したことの証明
  3. トレーサビリティ証明書
    校正品名、型式、製造番号、使用計測器名、型式、製造番号、
    公的機関につながるまでのすべての標準器名、型式、製造番号、
    計測器および標準器が公的機関にトレースしていることの証明
  4. トレーサビリティ体系図
    計測器および標準器が公的機関にトレースしている経路を表した図

校正項目

C60068-3-5「温度試験槽の性能確認の指針」、2008年にJIS C60068-3-6「温度/湿度試験槽の性能確認の指針」には性能表記に関する多くの項目が定められていますが、校正の対象となる項目は以下のもとなります。

  • 温度(湿度)変動
    ---試験槽内に再現される温度(湿度)の揺らぎの幅を求めます。
  • 温度(湿度)勾配
    ---試験槽内に再現された温度(湿度)の任意の位置間の最大差を求めます。
  • 空間温度(湿度)偏差
    ---試験槽内に再現された温度(湿度)の槽中央に対する任意の位置の最大差を求めます。

対象となる環境試験器によって校正方法や校正項目が異なる場合があります。
担当の営業窓口よりコストとあわせて最適な校正方法をご提案させていただきます。

温度(湿度)試験槽の「不確かさ」について

温度(湿度)試験槽で行われる環境試験において槽内に実現される温湿度がどの程度の不確かさを持つのかを評価するものです。つまり試験槽がどの程度均一な、あるいは不均一な温湿度を発生しているかを"不確かさ"として表しています。さらに設定した温湿度に対してどの程度正しい温湿度を再現しているかも併せて評価します。
評価方法は、日本試験器工業会規格JTM K08,10に従います。この規格はIEC 60068-3-11にもとづき定められた規格です。

不確かさの要因

  • 温度(湿度)変動による不確かさ
  • 空間温度(湿度)偏差による不確かさ
  • 温度検出器による不確かさ
  • 測定に使用した計測器による不確かさ
  • 設定温度(湿度)からの偏差による不確かさ ※含めない場合もある

規格ではこれらの要因をもとに温度(湿度)試験槽の不確かさを算出するよう求めています。

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせや資料請求はこちらをご覧ください。

お電話でのお問い合わせは、最寄りのアフターサービス拠点、または営業拠点にお問い合わせ下さい。