HOME > 製品・サービスTOP > 製品 > 計測・評価システム 半導体関連機器 > 容量(C)温度特性評価システム

文字サイズ
SML

印刷

容量(C)温度特性評価システム

  • 機器概要
  • 詳細仕様

容量(C)温度特性評価システム」は環境試験装置の温度ステップ制御の自動化と、コンデンサの静電容量、誘電正接(tanδ)、インピダンスの多チャンネル測定の自動化を実現しました。これにより、任意の温度環境下での周波数特性や経時変化を自動データ収録することができます。また、コンデンサの特性評価のみならず、各種電子部品やプリント基板、絶縁材料の評価にも幅広くご利用いただけるとともに、お手持ちの環境試験装置との組み合わせにもお応えいたします。

最大64チャンネルまでの自動測定
温度・湿度環境下において静電容量、誘電正接(tanδ)、インピタダンスの多チャンネル測定が行えます。チャンネル構成は標準で8チ ャンネルを備え、最大64チャンネルまで増設できます。
3つの試験モードから選択
試験モードは温(湿)度特性試験をはじめ周波数特性試験、経時変化を評価できる寿命特性(定値運転)試験から選択することができます。
特長
  • 温度特性評価試験: 20ステップまでの温度変化と同期させ、特性データの自動収録を行うことができます。
  • 周波数特性評価試験: 温度・湿度環境下で、周波数を変化させながら各周波数における特性データを自動収録することができます。
  • 寿命特性(定値運転)試験: 温度・湿度環境下で、特性の時間的変化を自動にて測定、データ収録することができます。
測定方法 交流4端子対測定(計測ケーブル先端)
測定範囲 測定周波数 20Hz~1MHz
誘電正接 0.0001~10.0000tanδ
静電容量 インピダンス測定範囲による
インピダンス 10mΩ~100MΩ
測定レンジ AUTO、10Ω、100Ω、300Ω、1kΩ、
3kΩ、10kΩ、30kΩ、100kΩから選択
測定間隔 最小1分~1500分(1分ステップで変更可能)