HOME > 投資家情報TOP > 経営方針 > 経営計画

文字サイズ
SML

印刷

経営計画

中期経営計画「プログレッシブ プラン2017」

長期ビジョン「ESPEC Vision 2025」(2025年度 連結業績目標:売上高600億円以上、営業利益60億円以上、営業利益率10%以上)の実現に向けて、2014年度~2017年度の中期経営計画「プログレッシブ プラン2017」(2017年度連結業績目標:売上高400億円以上、営業利益40億円以上、営業利益率10%以上)に取り組んでいます。2017年度の連結業績目標としては、2017年10月30日に上方修正し、中期経営計画目標を上回る売上高440億円以上、営業利益44億円以上、営業利益率10%以上を目指しております。

「第2四半期累計期間の連結業績予想値と決算値の差異および通期連結業績予想の修正
ならびに剰余金の配当(中間配当)および期末配当予想の修正に関するお知らせ」(PDF165KB)

成長のための3つの方向性は以下のとおりです。

成長のための3つの方向性

  1. グループ連携の強化による成長する国・地域での売上拡大

    • 開発・製造拠点のシフトが進むASEAN諸国において、サービス拠点や受託試験所を新設し、顧客対応力を強化、販売拠点を充実
    • エスペック広東の生産能力の増強と販売拡大
    • トルコ、インドなど新興国での販売拡大
  2. 成長・戦略市場をターゲットとした事業領域の拡大

    • 車載用二次電池を中心とするエナジーデバイス市場において、製品ラインナップと受託試験サービスを拡充
    • ライフ市場において、医薬品向け製品・サービスの充実、食品・化粧品分野への展開、医療機器の試験分野への取り組みを推進
    • 航空機分野など新しい領域の開拓
  3. 国内環境試験事業の勝ち残り

    • ネットワークサービスなど当社独自のサービスや、標準製品のモデルチェンジ・機種拡大により競争力を強化
    • 先端技術開発のニーズによりスピーディに対応するため、カスタム製品のモジュール標準化と他社との協業に取り組み、対応範囲をさらに拡大