HOME > 投資家情報TOP > 経営方針 > トップメッセージ

文字サイズ
SML

印刷

トップメッセージ

写真:代表取締役社長 石田 雅昭

代表取締役社長 石田 雅昭

平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。

当社は2025年度に目指すべき姿として長期ビジョン「ESPEC Vision 2025」を策定いたしました。このビジョンの実現に向け、4ヵ年ごとの中期経営計画(StageⅠ~Ⅲ)に取り組んでおります。

2017年度におきましては、StageⅠである中期経営計画「プログレッシブ プラン2017」(計画実施期間:2014~2017年度)の最終年度として、海外市場での販売拡大に取り組むとともに、新技術の開発が加速する自動車市場において需要が高まっているカスタム製品の収益性改善に取り組んでまいりました。

連結業績といたしましては、売上高は44,069百万円(前年度比11.5%増)、営業利益は4,602百万円(前年度比41.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は3,308百万円(前年度比48.2%増)となり、「プログレッシブ プラン2017」で掲げた連結業績目標を上回り、売上高、利益ともに過去最高を達成することができました。

期末の配当金につきましては、1株当たり38円(記念配当1円含む)とさせていただく予定です。年間の配当金は1株当たり58円(記念配当2円含む)となる予定です。

当社は、StageⅡとなる「プログレッシブ プラン2021」(計画実施期間:2018~2021年度)を策定いたしました。クルマの電動化や自動運転技術の開発が急速に進む「自動車関連分野」、家電などさまざまなものがインターネットに繋がる「IoT関連市場」をターゲット市場と位置付け、戦略投資と着実な「質の向上」により、安定的かつ継続的な成長を目指してまいります。

株主・投資家のみなさまにおかれましては、一層のご支援を賜りますよう心からお願い申しあげます。

経営計画の詳細はこちらをご覧ください。