HOME > CSR活動TOP > 環境パフォーマンス > 環境マネジメント > 第6次環境中期計画および2017年度目標

文字サイズ
SML

印刷

第6次環境中期計画および2017年度目標

当社は第6次環境中期計画における最終年度を2016年度から2017年度に1年延長しました。

これに伴い、すでに2016年度までに目標値を達成した環境目的につきましては、目標値の上方修正を行っています。

  目的・目標
テーマ
第6次環境中期計画
環境目的(2014~2017年度)
2017年度
環境目標
1 地球温暖化防止
  • 製品・受託試験・プロセス(生産部門・事務部門)でCO2排出量を削減します

    削減 10,000t以上

CO2排出量削減 10,000t以上
  • 国内で生産している省エネ製品等の提供で、お客さまでのCO2排出量を7,190t以上削減します
  • 中国で生産している省エネ製品等の提供で、お客さまでのCO2排出量を1,320t以上削減します
  • 受託試験所にてCO2排出量を680t以上削減します
  • 生産部門・事務部門にてCO2排出量削減810tの状態を維持します
  • クリーンで経済的なエネルギーの供給・流通・消費社会の実現に貢献する製品・サービスを提供します

    エナジーデバイスを開発されているお客さまへの提供

    2010年度比1.55倍(売上31.1億円)以上

  • エナジーデバイスを開発されているお客さまへ製品・サービスを提供します

    2010年度比1.55倍(売上31.1億円)以上

2 冷媒の
環境負荷低減
  • 低GWP冷媒を採用した製品サービスの提供

    主な施策:GWP1500未満対応:R449A

    2機種以上

3 生物多様性保全
  • 自然再生事業による再生面積 43,000m²以上
  • 地域協働活動に参画し貢献します
    1. みどりのカーテン普及
      実施世帯数 10,000世帯以上
    2. 森づくり活動
      累積参加人数 1,850名以上
  • 地域協働活動への貢献
    1. みどりのカーテン普及
      実施世帯数 10,000世帯以上
    2. 森づくり活動
      累積参加人数 1,850名以上
  • 公益信託「エスペック地球環境研究・技術基金」による助成を充実します

    累積助成件数 215件以上

  • 公益信託「エスペック地球環境研究・技術基金」による助成を充実します

    累積助成件数 215件以上

4 汚染防止
  • 欧州向け製品をRoHS規制対応品とします
  • 欧州向け製品のうち、15機種についてRoHS対応品とします
  • グリーン調達基準に基づく部品調達率95%以上を維持します
5 循環型社会の
実現に寄与
  • 国内のすべての事業所においてゼロエミッション状態を維持します

    ※2017年度、グループ会社3社は準備期間とする。

6 環境負荷低減
  • スコープ3における5つのカテゴリーまで温室効果ガス排出量の管理範囲を拡大し、改善課題を明確にします
  • 2015年度に全15カテゴリーまで温室効果ガス排出量の管理範囲を拡大し、目標達成済み

※サプライチェーンにおける温室効果ガス排出量