HOME > 企業情報TOP > Close-Up ESPEC > 高品質へのこだわり ヤマハ株式会社を訪問

文字サイズ
SML

印刷

Close-Up ESPEC

2015

高品質へのこだわり
ヤマハ株式会社を訪問

写真:高品質へのこだわり ヤマハ株式会社を訪問

音と音楽を原点とするさまざまな事業をグローバルに展開

1887年(明治20年)、国産第1号のオルガンを完成されたヤマハ株式会社。創業から125年を越えた現在では、音と音楽を原点とするさまざまな事業をグローバルに展開し、ヤマハブランドは世界中の多くの人々から親しまれています。今回の特集では、静岡県浜松市に本社を置くヤマハの品質保証部品質評価グループを訪問しました。ヤマハが製造する電子楽器や音響機器に使用する全ての電子部品の品質確保の取り組みについて紹介します。

◆ヤマハといえばアコースティック楽器や電子楽器を連想しますが、アーティストから初心者用までフルラインで製造販売する世界最大の「総合楽器メーカー」ですね。また、コンサートホールや放送設備用の音響機器や家庭用オーディオなど〈音〉にかかわる高品質の製品を世界中に提供していますが、品質保証部・品質評価グループでは、どのような役割をお持ちですか?

電子楽器や音響機器に使用する電子部品の信頼性試験の企画、分析、評価を行う部門です。当部門の信頼性評価に合格した部品であれば、ヤマハ製品に使用して良いということです。

◆ヤマハブランドを支える品質づくりの全社的な役割を果たされていますが、ヤマハ独自の試験を行っているのですか?

写真:環境試験室では長年にわたりエスペックの試験装置をご使用いただいています環境試験室では長年にわたりエスペックの試験装置を
ご使用いただいています

JIS、IECなどの工業規格と過去の市場故障を加味しながら、ここだけは譲れないというヤマハ独自の基準を設けた試験を行っています。例えば、ギターやキーボードなどの電子楽器は屋外で演奏されることもありますが、湿気や塵埃の環境下で不具合が出ないように電子部品の環境試験は必ず行っています。また、楽器が自動車内に放置される場合を想定し、夏場の高温環境を模擬した試験も行っています。楽器特有の評価によって、独自の高品質を貫いています。

◆お客さまが電子楽器や音響機器を使用される環境を想定した試験を行っているのですね。コンサート中に突然ミキサーやアンプが誤作動すると大変なことになります。業務用音響機器は故障が許されないため、特に厳しい環境試験が必要なのですね。

これらの環境試験は我々が最も力を入れているところです。パワーアンプは屋内外のコンサート会場で使用されるため、過酷な環境にさらされます。また、放送用設備の場合は24時間稼働が前提ですので、長期の耐久性が求められます。エスペックさんの歴代のプラチナスシリーズを使って耐湿性の評価は必ず行っており、高温・高湿環境下での長期試験や冷熱衝撃装置で温度サイクル試験も行っています。

写真:ヤマハ株式会社のキーボードやミキサーヤマハ株式会社のキーボードやミキサー

写真:全面ガラスの操作孔付き恒温恒湿器全面ガラスの操作孔付き恒温恒湿器

◆市場での不具合を未然に防ぐためにも設計開発部門との連携は重要ですね。

業務用音響機器は製品が大きく、最終的な検査で不具合を抽出できない場合もあります。開発段階での部品評価に対する設計開発者の意識は高く、お互いの協力は欠かせません。

◆50分類以上の多数の電子部品の品質確保に向けてこれからの課題は何でしょうか?

写真:冷熱衝撃装置TSAシリーズ冷熱衝撃装置TSAシリーズ

製品開発の期間がどんどん短くなってきているため、評価試験の短縮化が今後の課題です。エスペックさんの冷熱衝撃装置や高度加速寿命試験装置を使用していますが、より積極的に取り組みたいと思っています。

◆信頼性試験も優秀な技能者がいなければ成し得ませんが、技能の蓄積や伝承はどのようにされていますか?

写真:毎週勉強会を開催して技能の共有を図っています。

試験の技能的なところは手順書を作成し、ベテラン技能者のノウハウを残すようにしています。また、毎週勉強会を開催して技能の共有を図っています。

◆環境試験装置の専門メーカーである当社へのご要望を聞かせてください。

エスペックさんはトップシェアという実績からも非常に信頼しています。長期間の試験を行うため、エスペックさんの装置は故障しないので、試験を中断するおそれがなく安心して使用できます。今後はより一層の省エネ製品と、楽器特有の試験に対応した装置の開発を期待しています。

取材にご対応いただきました
ヤマハ株式会社 品質保証部 品質評価グループのみなさま

写真:マネージャー 春山和郎様(右から) 職長 水野知保様 指導員 竹山昌孝様 主任 品川龍吉様 鈴木瑞菜様(中央)

マネージャー 春山和郎様(右から)
職長 水野知保様 
指導員 竹山昌孝様
主任 品川龍吉様
鈴木瑞菜様(中央)

写真:ヤマハ株式会社

≪ヤマハ株式会社≫

創業:1887年(明治20年)
本社:静岡県浜松市中区中沢町10番1号
連結売上高:4,322億円
連結従業員数:19,967名

事業内容:
楽器、音響機器を中心に電子部品、ゴルフ用品などの製造販売